• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • カゴの中身
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 商品案内
  • お買い物方法
  • 相談方法
  • よくあるご質問

[ カテゴリー » Topics ]

漢方薬局でも、統合失調症などの精神関係の病気の相談をうける事は少なくないようです。
治療方や患者に対する対応を家族がいきづまって、漢方薬に助けを求める場合が多いからでしょうか。本格的な治療は専門家の任せるべきでしょうが、ある程度の手助けと提案はできるように思います。何より、他人の助言がストレスの解消になるからです。

38歳の独身男性、仕事には出ている。165cm、体重68kg、顔色はよいが、舌はややうす紫色をして、於血(おけつ)がある感じである。食欲がなく、便通も3日に1回、軟便である。主たる訴えは身体の倦怠感で、そのため会社を休むこともある。

病名は無視して、食思の減退と疲労・倦怠感を主に、補脾・補気薬の補中益気湯(ほちゅうえっきとう)を考え、エキス剤で飲んでいただく、1週間後あまり症状は変わらないという。補気してもダメなら理気剤の抑肝散(よっかんさん)に脳内の血流改善に使うチョウトウコウを加えて漢方薬を作り、に飲んでいただいた。

これは、良くきいて数日で会社に行き始めて、1日3回服用のところを、今では1日1回ねる前だけでも効果があるという。

この様な精神的な病気は、たかが漢方薬のエキス剤でも、症状と薬が合うとすごく効果がでるようです。


 

キーワード別 一覧へ

漢方薬でも、時とき腎機能の低下による、腎不全のかたがときどき来られます。

腎機能の低下は、いろいろな病気の結果によって起こりますが、今の所よい良い薬や方法がありません、最後の手段として人口透析がありますが、これは週に2・3回、数時間かかって行いますので、生活のクオリティが極端に下がり、困った状態になります。

透析まで至らない程度の、腎機能の低下に漢方薬が役立ちます。今回のケースもそれにあたります。

71歳の男性で、10年前から高尿酸血症にて、薬を飲み続けてきた。また降圧剤の併用のあるそうです。

中肉・やや高身長のかたで体重は75kg。

直近の検査で、クレアチン値が1.38と言われ来局される。それまで、クレアチン値が1.0から1.1くらいだったそうである。

尿中に蛋白はないが、やや夜間尿2・3回で多い傾向なので、補腎薬の八味丸に黄耆(おうぎ)を加えて、いつもように煎じ薬にして飲んでいただく。わずか、3週間後の検査でクレアチン値が1.1になり、次の1ヶ月後では1.0の正常値にもどった。

とりたてて、クレアチン値が1.1以上から5.0くらいまでの透析の至らない程度の腎機能の低下には、漢方薬も選択薬の一つに考えられると思われます。

 

キーワード別 一覧へ

新年の御挨拶

寺町漢方薬局 (広島県広島市)

旧年中は、当寺町漢方薬局をご利用くださり、ありがとうございます。

本年も、みなさんの健康維持や病気平癒
» 続きを読む
のお手伝いをしたいと、願っています。

どうぞ、よろしくお願いします。

                       また1月5日より開局します。


m_pharma_l



                         寺町漢方薬局 窪田信明

膝の痛みと、膝関節に水が貯まる

大腸がん、卵巣膿腫、脊椎管狭窄症の既往があるかた。

1年前から、左膝関節の痛みで治療をしている。変形性膝関節症の診断を整形外科でいわれ、現在週に2回、膝関節に溜まった水を抜いている。また脊椎管狭窄症のためか、右の下半身、特に足の裏側が腿から、足首にかけてひどく痛む。


IP08_C35



まずは、膝関節の水を目標に、防已黄耆湯の煎じ薬を飲んでいただいた。初めの2週間は効果は感じられなかったが、次の2週間では、ほとんど貯まっておらず、穿刺して関節に溜まった水を抜く必要がないといわれた。

次に、下半身の痛みを取ってほしいとこと。更に右手と左下肢がいつも浮腫んでいる。そこで、深部の血流を改善してむくみをとる漢方薬を、八味丸に五苓散と防已黄耆湯を合方して、やはり煎じ薬にして飲んでいただいた。

1ヶ月後では、手のむくみは治まったが、下肢のむくみに改善の実感はないとのことで、継続して飲んでいただいている。

 

   

キーワード別 一覧へ

アトピー性皮膚炎の、皮膚状態はいろいろ、変化します。

じゅくじゅくした皮膚の時や、皮膚が乾燥して痒みを激しく起こす時などがあり、その皮膚の状態によって漢方薬のなかみもいろいろ変わって使います。

冬の今は、空気の乾燥のせいで、皮脂の分泌機能も低下して、痒みを起こし、その皮膚部分を搔いて、悪化させるケースが多く見られます。当然、皮膚乾燥に対して、保湿作用のある漢方薬をつかっていきます。

保湿作用のある漢方薬は、ジオウ・バクモントウなどがあり、漢方薬の当帰飲子(とうきいんし)、や温清飲(うんせいいん)などが効果をあげます。

例として、32歳の会社員の男性。成人になってからのアトピー性皮膚炎があり、皮膚の状態が良くない時だけ、皮膚科で、ステロイド系の外用薬をもらい、塗ってきた。この冬はステロイド剤を塗っても、良くなく、漢方薬を希望された。

腕・下肢の患部には、毛孔性の皮疹があり、乾燥して、搔いた痕跡が多数ある。落屑も多くみられ、着替えの時などは乾燥した皮膚がポロポロ落ちることがある。

このような状態に、当帰飲子(とうきんいんし)がよく効きます。始めはエキス剤でも良かったが、そのうち効果がなくなり、煎じ薬にして、やっと、皮膚乾燥が落ち着いてきて、痒みがなくなり皮膚も正常にもどりました。

その間、外用薬としてタイツ軟膏を保湿目的で利用しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
このケースは皮膚状態に漢方薬を合わす事と、煎じ薬にして、より効果を上げました。

リンク

 

キーワード別 一覧へ

ThemeSwitch
Created in 0.0465 sec.

Copyright© TERAMACHI-KANPOU PHARMACY. All Rights Reserved.