• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • カゴの中身
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 商品案内
  • お買い物方法
  • 相談方法
  • よくあるご質問

[ カテゴリー » Topics ]

 

63歳の男性。

3年前から、健康診断の時に、血糖値が高いと指摘されてきたが、無視してきたところ、2週間前の検査時に、HbA1cが6.7で、抗糖尿病薬の服用を指示された。

本人は、新薬の薬に抵抗があるため、漢方薬での治療を求めてきた。

ふつう、あまり糖尿病のかたは、治療を中断してしまう方が多いので、適当にしてしまうが、この方は10年前に、数年間漢方薬の服用の履歴が当薬局にあるので、相談に応じることにした。

体格は、身長173cm、体重80kg、肥満体。やや口が渇き、水分摂取が多い傾向以外、尿回数も1日5・6回で、異常はない。

images



この軽症糖尿病に、体質改善を目的に、竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)に五苓散(ごれいさん)を加味して、飲んでいただく。

食事の注意は間食を一切やめていただき、炭水化物(米・パン・うどんなど)の量を意識的減らすように指導した。もちろん運動量は増やすには当たり前になった。

2ヶ月後には、体重が80kgが72kgに減り。HbA1cも6.1になり、さらなる低下がみられるようになった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

竜胆瀉肝湯には、糖尿病に特徴的な細小血管障害を予防し、治療する。血流改善作用と同時に止血作用があり、網膜症、腎症などの進行を予防、治療すると考えられている。(病名漢方治療の実際から)

   

キーワード別 一覧へ

痒疹・・・

寺町漢方薬局 (広島県広島市)



10年前からの、痒疹で悩んでいた。

きっかけは、虫刺されかひっかき傷かわからないような、赤味が左足のすねにできた。

なにげなく、搔いているうちに、それが、左下肢上部にまで、拡大してきた。

すぐ、皮膚科に受診し、痒疹といわれ、外用薬と痒み止めをもらう。それで、一時はよくなるかに思えたが、きちんと飲んだり、塗ったりしなかったためか、1ヶ月後の夏に入って、一気に悪化し、右下肢にも痒疹ができて、猛烈な痒みに悩まされた。皮膚状態は一進一退を、繰り返して、1年になった。

知人に漢方薬で、アトピーが治った人がいて、これはと思い、来局する。

身長172cm、体重78kg やや肥満。

下腹部と両下肢に小豆大の痒疹が、びっしりできている。掻いた跡もみられ、浸出液がでている箇所もある。

まずは、夏のこともあり、消風散の煎じ薬と抗炎症効果と化膿止めにもなる漢方軟膏を調合して、飲み、塗っていただいた。また、搔かないように注意するとともに、特に痒い箇所は包帯をして、直接掻けないように工夫してもらう。

1ヶ月後には、浸出液のでていた箇所はきれいになった。

次に抗炎症効果の強い、皮炎湯と越婢加朮湯を使い、表皮にある、結節を小さくするように心がけた。

これは、すぐには反応はなかったが、紫雲膏の塗布とともに、続ける事半年で、紅班はなくなり、1年で、結節部も平になった。



 

キーワード別 一覧へ

不眠症で悩んでいる高齢者。

不眠症の漢方薬もいろいろありますが、

  漢方薬の処方ではなく、単味の生薬で効果がある事があります。

  不眠症に使われる漢方薬には、酸棗仁湯(さんそうにんとう)、帰脾湯(きひとう)、黄
  連解毒湯(おうれんげどくとう)、温胆湯(うんたんとう)があります。

  ところが、そういった処方ではなく、ドクダミやゲンノショウコ、クコの葉などのように
  単独の生薬が効くことがあります。

  今回、使ったのがチョウトウコウ(釣藤鈎)、アカネ科のカギカズラの棘部分を薬用
  にします。漢方薬的薬理作用は平肝止痙。西洋医学てきでは、鎮静・降圧・抗ウイ

  ルス作用があるようです。

この鎮静効果を利用して、興奮しやすい高血圧気味のかたの不眠に使ってみました。

  78歳の男性。体重48kg、身長166cm

    認知症とパーキンソンにて、加療中で、興奮しやすく、睡眠中の歯ぎしりが多い
    ことを、目標にして、チョウトウコウを煎じ薬にして、朝夕飲んでいただくと、


    夜中に、何回も目が覚めていたのが、朝がた尿意で目が覚める以外は、
    起きなくなり、喜ばれた。

 

キーワード別 一覧へ



81歳の主婦。

数年前から、子宮がんに始まり、胃がんなどで、手術や抗がん剤治療を続けてきた。

このたび、肺に腫瘍ができている事がわかった。悪性腫瘍かは不明で、検査中。また、

老化か病気のためか不明ながら、

自覚症状は、疲れやすい、時どき呼吸が浅くなり、痰の量が増えて困る。熱・悪寒はない。

病院での治療はほとんど何もしていない状態とのことなので、

   強心・増血薬の牛黄(ごおう)と、肺の機能を補う漢方薬を服用していただく。

体調がすぐ良くなり、時に血痰も出ることもあるが、風邪をひいたり、体調を崩す事も

ありながら、5年を経過して、元気にくらしています。


ill39



 

キーワード別 一覧へ



55歳の主婦。

以前から、むくみと高血圧で、漢方薬を服用していた主婦。

むくみは、九味梹榔湯(くみびんろうとう)や、防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)など

を使いながら、よくなっていたが、半月前からストレスからか、急激に体重85kgが

増えた。


IP08_B22



 島根の漢方薬で肥満症によい漢方薬があるといわれ、調べたら予約に半年待ち

 だと言われた。そんなに待てないので、調合してほしいと言われる。

ほとんど、肥満に対する漢方薬を製剤したことはなかったが、ダメ元という事で、組

み合わせてみました。1日の排尿回数が少なく、下肢にむくみが顕著で、身体が冷

える。便秘きみなどから。

   四物湯に防已黄耆湯、五苓散を加えて、処方分量を増やして
   作って、煎じ薬にして、服用していただいた。


すると、2週間で、体重は僅かに減っただけだったが、体脂肪率が5%も下がって、

俄然、やる気がでてきた。続ける事3ヶ月で、約10kgダウンした。

  なお、食事の注意は、ズルしてもヤセル秘密の食べ方(光文社)を参考にして
  もらいました。

 

キーワード別 一覧へ

ThemeSwitch
Created in 0.0352 sec.

Copyright© TERAMACHI-KANPOU PHARMACY. All Rights Reserved.