一般に、五十肩と言っても、タイプがいろいろあります。
簡単に治癒に導けるものあれば、
治療に抵抗して、
いろいろ試さないといけないタイプも。

そんな中、あるご婦人。
「病院で注射もしたけど全く効かない」
という五十肩
とのことで来院。

見ると、関節の腫れもさほどなく
強烈な運動制限や夜間痛はないものの
エプロンを結ぶ動作ができないなど
典型的な五十肩。

私、「この状態では、針治療が早いと思います」
とお勧めして、針治療開始。

ところが・・・・・
「鍼した後、しんどくて・・・・」
極度にアルコールに弱い人がいるように、
たまに、こういう方がいます。
「漢方薬で治したいのですが。。」

注射も効果なし。ハリもNG。となれば、
なんとか、漢方
でとなったようで、
ここは、私も気合いが入る。

「では、もう一度、漢方的な診察をします」
と、五十肩だけど、脈診、腹診もして処方をして。

半月後、「エプロン結ぶのが楽になってきました。」
とのことで、しばらく同じ処方で継続する事となった。

漢方薬で五十肩もいけるんです。