「いい人」を演じて、
周囲に気を遣いすぎて疲れ果てている
そんな人は意外に多いと思います。

なぜそうなるのかと言えば、
「嫌われたくない」という思いがあるからなのです。
例えば、
大昔、何もかも共同作業で生きていた時代
嫌われて仲間はずれになれば、
それは死に直結することだったのです。
仲間はずれにならないように
食べ物も分配してもらえるように
人に備わった能力、
それが「嫌われないように周囲に気を遣う」と言うことなのです


「行きたくないのに、断れなかった!」
そんな自分に嫌気がさしているかもしれませんが
自分を責める必要はありません。
備わった能力を発動しただけですから。

ただ、周囲に気を遣いすぎると
疲れ果ててしまうのも事実。

まずは、「断れない自分」を責めず、
「能力発動だから仕方ないか」と
そんな自分を認めてあげてください


その上で、
今は少しエネルギーがあると自分で思えるとき
「嫌な誘い、嫌な人との接触、嫌なこと・・・」に対して
嫌われるかもしれないと思いながらも、
思い切って「断る」「嫌なそぶりを見せる」などしてみてください。
それができたら、
「ああ、嫌われたかな?」などと思わず
「よくやった!断れた!」と自分を褒めてあげてください
その積み重ねで、
自分の感覚を大事にできるようになります。

断る勇気がないときは、
しばらく距離をおくことです。
そうしてエネルギー充填をしましょう。