• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • カゴの中身
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 商品案内
  • お買い物方法
  • 相談方法
  • よくあるご質問

① 60歳の主婦。

  6年前からの関節リュウマチ。と下痢。
  10年前から、更年期症状で悩まされる。
    
      A:逍遥性の熱感
      B:血圧が不安定になる。
      C:膝以下のしびれ感

   初めの主訴は下痢を何とかしてほしいとのこと。

   1)加味逍遥散加ブシ・ケイヒ末 をエキス剤で

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  2週間後、あまり症状に変化ない。

   下痢は1日2~3回の泥状・水様便がある。また手足がよく冷える。

   2)加味逍遥散+四逆散エキス

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  以後、加味逍遥散+五苓散  四逆散+五苓散 四逆散+当帰芍薬散

  などで、逍遥性の熱感、不安定な血圧はほぼ治まったが、朝の手の

  こわばり手指先、下肢(膝以下)のむくみ・冷え・痺れが非常につら

  いとの訴え。

   3)当帰四逆湯加ゴシュユ・ショウキョウ・ホウブシのエキス剤 

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  2週間の服用で温まるので、そのまま同じ漢方薬を3ヶ月間服用し、

  前記の症状は全くなくなった。 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

② 65歳の主婦。

  5年前に両手首関節痛から受診し、関節リュウマチの診断で治療し、

  なお、膝も老人性の関節症を併発するようになる。

     A:膝関節の運動痛
     B:両手指(中・差)のむくみ・腫脹
     C:足の冷え・痺れ。
     D:内科デリュマチ肺の診断あり、軽い咳がある。

  1)ヨウイニン湯(煎じ薬)

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  20日後、あまり痛み・腫れとも変化がない。体力を上げる目的で。

  2)大防風湯(煎じ薬)

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  20日後、この前記処方(大防風湯)も変化なく、手の熱と腫れを目標に

  3)続命湯(煎じ薬)
   
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  20日で、腫れ、痛みもなくなり、日常生活が楽になる。


k_120



////////////////////////////////////////////////////////////////////////


①は身体各所、特に四肢を温める漢方薬で、効果があり、②では、逆に温めて悪化し

 冷やす漢方薬も入った処方で、良くなりました。状況や程度・体力によっても漢方薬の

 内容が変わります。





   

 

キーワード別 一覧へ

ThemeSwitch
Created in 0.0158 sec.

Copyright© TERAMACHI-KANPOU PHARMACY. All Rights Reserved.