• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • カゴの中身
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 商品案内
  • お買い物方法
  • 相談方法
  • よくあるご質問



50歳の女性。

4ヶ月前に、額と眼瞼周囲の紅班ができた。軽い湿疹いわれ、皮膚科でステロイドを主と

した治療をしたが、治らず、他の皮膚科でみてもらうと、

  ① 化粧品

  ② 花粉症

  ③ 紫外線アレルギー

       と言われた。

  化粧品は以前から、使っているものなのだが、他の② ③ の原因・きっかけができ

  て、身体に対するアレルギー量が増えたために、発症したと言われた。やはり治療

  はステロイド剤によるもので、一時的には良くなるが、すぐ再発して、困っていた。(TT)

    患部の症状は、額と眼瞼、口周囲の浮腫状の紅班があり、口周囲は吹き出物の

    ように、盛り上がって、一部は化膿きみである。

  やや、紅班の色が薄いことと、化膿した部位がることから、

      十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)に、黄連解毒湯(おうれんげどくとう)を
    
        加えた煎じ薬にし、オウレンのエキスのはいったバニシングクリームを外

        用させた。

  4週間の服用で、口以外はめだたなくなり、口周囲の紅班もすぐ治ってしまった。:)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  もちろん、漢方薬の服用・外用だけでなく、化粧品を変えたり、花粉に対する対策

 を講じたことも良くなったことと関係しています。

 
 

404 File Not Found


   

 

キーワード別 一覧へ

ThemeSwitch
Created in 0.0129 sec.

Copyright© TERAMACHI-KANPOU PHARMACY. All Rights Reserved.