• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • カゴの中身
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 商品案内
  • お買い物方法
  • 相談方法
  • よくあるご質問

65歳の女性



1年前に左鎖骨部分に疱疹を起して、皮膚科受診し、疱疹は治まったが

その跡に強い痛みがでるようになる。いわゆる疱疹後神経痛(PHN)である。

  患部は左鎖骨部分が肩にかけて、幅5センチで大きな水疱の痕跡がある。

  痛みは夜間に強く、昼は夜ほどつらくはない。鎮痛剤がでているが、最近

  では効果を感じなくなっている。(TT)

帯状疱疹の皮疹が治ったにもかかわらず、痛みが続く(PHN)は漢方では血於

阻絡(血と気の循環が局部てきに悪くなった)と考え、行血散気作用のある

補陽環五湯(ほようかんごとう)が使われます。

  この煎じ薬にて1ヶ月後には、痛みはほとんどなくなり、都合3ヶ月で

  全く正常になりました。:)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  このような症状(PHN)に漢方薬が効くことを知らない方が多いようです。


 

キーワード別 一覧へ

ThemeSwitch
Created in 0.0167 sec.

Copyright© TERAMACHI-KANPOU PHARMACY. All Rights Reserved.