• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • カゴの中身
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 商品案内
  • お買い物方法
  • 相談方法
  • よくあるご質問

梅雨の大雨、時々猛暑が続いています。体力・気力とも消耗する季節になってきたようです。


ill98



江戸時代から、夏の暑さから、身体を守る薬があるようです。簡単なところでは、お茶がわりにビワの葉を、庶民はつかっていたようです。また正式な漢方薬では、清暑益気湯(せいしょえっきとう)という、読んで字のごとしの処方もあります。

漢方処方も使いますが、同じ漢方薬でも、植物性のものより動物生薬の方が、効果の発現がはやいので、この忙しい現代では、こちらのほうがお薦めです。

当薬局で、よく出るものに、牛黄(ごおう)と紫荷車(しかしゃ)の二つがあります。両方とも、名前は違えど、みなさんにお馴染みのものです。

牛黄はドリンク剤(例えば:ユンケルなど)の主成分として、また紫荷車(しかしゃ)は、プラセンタ製剤として、知られています。

夏バテあるいは、その予防として使うなら、この二つは欠かせません。ぜひお試しください。アップ矢印

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


牛黄(ごおう)―牛の胆管中にできる結石

   薬理作用は、解熱(熱を下げる)、増血(貧血を改善する)、強肝(肝臓の機能を助
   ける)、利胆(胆汁分泌を盛んにする)、強心(心臓の働きを高める)鎮静(神経を和
   らげる)抗炎症(炎症をおさえる) 等の働きがあります。  
   
   市販のドリンク剤に主要原材料として(分量は10分1位)、よく用いられています

   牛黄(ごおう)カプセルとして、製品があります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

紫荷車(しかしゃ)-動物の胎盤(昔は人間のものも使われていましたが、現在では豚・羊のようです)


  薬理作用は、疲労回復、基礎代謝向上、血行促進、造血、強肝解毒、活性酸素除
  去

   単品や混合製剤の プラセンタ製剤として、ドリンク剤や、カプセル剤にして

   売られています。

 

キーワード別 一覧へ

ThemeSwitch
Created in 0.0183 sec.

Copyright© TERAMACHI-KANPOU PHARMACY. All Rights Reserved.