• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • カゴの中身
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 商品案内
  • お買い物方法
  • 相談方法
  • よくあるご質問

貨幣状湿疹・・・

寺町漢方薬局 (広島県広島市)



3年前からの湿疹で、皮膚科では貨幣状湿疹の診断をうけ、ステロイドの外用薬を

中心に治療してきたが、一時改善のきざしがあったものの、その後は軟膏を塗れば

一時てきに皮膚はよくなるが、すぐ紅班・炎症を起すようになり、このままでは治ら

ないのでないかと不安になり、来局される。

両腕と腹部から脇にかけて、500円硬貨くらいの丸い湿疹があり、皮膚は苔癬化して

いる部分と、掻いて、傷になり、浸出液がでている部分が混在している。




ill177


このような複雑な皮膚状態には、消風散(しょうふうさん)を煎じ薬で試してみたが、2

週間の服用で全く皮膚に変化がないので、次回は

  十味敗毒湯に越婢加朮湯を混合したものを、やはり煎じ薬にして飲んでもらう。

  外用は、独自の漢方軟膏を保湿の目的に、タイツ軟膏を浸出液のでている部分

  に塗り、ガーゼで固定させていただいた。

すると、始めの2週間はあまり変化がなかったが、1ヶ月治療をするうちに、湿疹の大

きさが小さくなってきた。炎症・紅班がなくなってきたので、

  漢方薬を桂枝茯苓丸加ヨクイニンと十味敗毒湯に切り替え、軟膏をオウレン軟膏

  に変えて、苔癬化した部分の正常化をはかった。


一気にはいかなかったが、それでも3ヶ月ほどで、ごく小さい紅班がある程度まで、改善

してきた。

 

キーワード別 一覧へ

ThemeSwitch
Created in 0.0189 sec.

Copyright© TERAMACHI-KANPOU PHARMACY. All Rights Reserved.