• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • カゴの中身
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 商品案内
  • お買い物方法
  • 相談方法
  • よくあるご質問



毎年、春になると、特に眼瞼・手首・指がひどくなり、(身体部は常に紅班・乾燥)

1年間ほど、漢方薬内服と外用薬をつかい、良くなって止めていたところ、1年経った

この4月末の黄砂が多い日に、外出したところ、顔や手など露出していた

その部分が、翌日真っ赤に腫れあがった。その日は熱がでて、眠れなかったそう、ここ来局するまでの10日間はアイスノンで冷やし、以前もっていった漢方薬の軟膏をつけていたが、それもなくなった。


ステロイドによる治療を避けたいとのことで、来局される。

  顔面は浮腫状に腫れて、熱感がある(体温は正常)、痒みはほとんどない。一部落屑してきている。

この状態に皮炎湯の煎じ薬に、漢方系軟膏を2種類お渡しして、毎晩塗布するように指示した。

すると、1週間ほどで、顔の紅班は軽くなり、落屑してきた。痒みがでてきたが我慢できる程度で、市販の抗ヒスタミン剤を飲んでいる。更に4週間後には、落屑も一段落して、ほぼ正常に復した。

 今年は黄砂による、皮疹の悪化や、喘息・気管支炎が目立ちます。充分黄砂情報に気をつける必要。があります




 



  

 

キーワード別 一覧へ

ThemeSwitch
Created in 0.0114 sec.

Copyright© TERAMACHI-KANPOU PHARMACY. All Rights Reserved.