• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • カゴの中身
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 商品案内
  • お買い物方法
  • 相談方法
  • よくあるご質問



2年前に夏の、忙しい時期に、下半身にむくみがでて、治らなくなった。しばらくして、湿疹がでるようになり、すぐ皮膚科で診ていただいた。
初めは、塗薬だけであったが、変化がないので、抗ヒスタミン薬も一緒に服用し始めた。初めは薬の効果はあったが、徐々に変化がみえなくなり困っていたところ、テレビで漢方の特集をみてらい局。

NONALNUM-eWppbWFnZSgxKQ-E



患部は、身体腹部から両下半身にかけて、10円から500硬貨位の盛り上がった皮疹が多数ある、痒みはあまりない。むくみは相変わらずあるという。

盛り上がった大きな皮膚炎、下肢のむくみから十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)に五苓散(ごれいさん)を併用して、外用薬は漢方軟膏を1日朝夕、患部に塗っていただいた。

貨幣状の湿疹は、1ヶ月半ほどで、よくなり3ヶ月で、瘢痕を残す程度まで改善した。しかし、むくみのほうはなかなか改善に気配がない、そこで、むくみのある足の脚気につかわれる九味梹榔湯加ゴシュユ・茯苓(くみびんろうとう)を使うと、徐々に下肢の腫れ・むくみが2ヶ月で消えてしまった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 皮膚とむくみが治ってしまった変わった例です。

 

キーワード別 一覧へ

ThemeSwitch
Created in 0.0120 sec.

Copyright© TERAMACHI-KANPOU PHARMACY. All Rights Reserved.