• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • カゴの中身
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 商品案内
  • お買い物方法
  • 相談方法
  • よくあるご質問



43歳の会社員。

幼児より、アトピー体質で、皮膚科には年に何度か行く程度で、簡単にステロイド

の軟膏で治っていた。ところが、2年前くらいから、ステロイドの軟膏を塗布しても

以前のようには治らなくなり、どんどん強い薬に変わる。

不安になり、知人の紹介でらい局する。身体全身の皮膚が厚く、両下肢のところ

どころの毛孔が膨れ、紅く炎症を起している。

毛孔性の皮疹(毛穴部分の炎症)が目立つことと、皮膚が厚く、固くなっている。
そこで、


   1)荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)の煎じ薬と毛孔性の皮疹を目標に
   2)越婢加朮湯.(えっぴかじゅつとう)のエキス、そして外用には漢方軟膏を
    1日2回塗布した。

炎症・紅班は1ヶ月で改善したが、皮膚の肥厚は治るまで、10ヶ月ほどかかった

が、一見ではわからない程度にまで回復した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  すぐ治るアトピーもあれば、時間のかかるものをあります。これはしてみなければ
  わかりません。
 

 

 

キーワード別 一覧へ

ThemeSwitch
Created in 0.0258 sec.

Copyright© TERAMACHI-KANPOU PHARMACY. All Rights Reserved.