• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • カゴの中身
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 商品案内
  • お買い物方法
  • 相談方法
  • よくあるご質問



平成16年に自家感作性皮膚炎で、加療したときは2ヶ月で治った。

このたび、半年前の秋から、全身に毛孔性皮疹を主にした自家感作性皮膚炎にまた、なった。

皮膚科で、抗ヒスタミン剤、ステロイドの外用を使うが、なかなか治らない。

漢方薬も、白虎加人参湯、黄連解毒湯、通導散など医療機関でもらい、また漢方薬局で、黄連解毒湯、十味敗毒湯などを買って飲むが、効果がでなかった。

患部は撤布性の毛孔部の浮腫と紅班が、腹部・背中など全身に広がっている。

前記漢方薬を考慮しながら、全身の炎症性湿疹と、毛孔の浮腫から、消風散(しょうふうさん)と越婢加朮湯(えっぴかじゅつとう)のエキス剤を飲んでいただいた。外用には漢方軟膏を塗布した。

外用は3日程度で止めたが、内服は2週間飲み終わるころには、皮疹は半減し、2ヶ月で、ほとんど皮疹の痕跡を残すだけになった。

 

キーワード別 一覧へ

ThemeSwitch
Created in 0.1366 sec.

Copyright© TERAMACHI-KANPOU PHARMACY. All Rights Reserved.