• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • カゴの中身
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 商品案内
  • お買い物方法
  • 相談方法
  • よくあるご質問



数年来、当薬局で、健康維持のため、漢方薬を服用してきた女性。


yjimage



1ヶ月前の健康診断で、高血圧がわかり、降圧剤を出されて飲み始めた。2週間の服用で、効果がなく他の降圧剤(カルシウク拮抗剤)へ変更したところ、その晩から、全身が痒くなってきた。夜痒みのため眠れなかった。翌朝、全身に浮腫状の大型の蕁麻疹がでていて、すぐ朝皮膚科に受診をしたところ、薬疹といわれ、ステロイドの軟膏と、抗ヒスタミン薬をもらって飲みだした。その時点で、本人から、相談の電話をもらうが、皮膚科の薬がでているので、まずはそれを服用するようにアドバイスをしていた。

1週間ほどして、朝に来局する、効果がないので、漢方薬を服用したい希望があった。

熱・悪寒はなく、舌はわずかに黄色く(熱証)、患部は腕・腹部を中心に、顔以外は、大きな浮腫性の皮疹が崩れて、網目状になった皮疹は一面にある。痒みは初めほどではないが・・触るとわずかに熱がある。また、室温の高い部屋にいると痒みがひどくなる。

きっかけは、降圧剤によるのものだが、現象は、毛孔部が関係するコリン性蕁麻疹によくにているので、桂麻各半湯(けいまかくはんとう)を煎じ薬で、1週間のんでいただく、

1週間で、ほぼ皮疹は治まったが、痒みに対する不安があり、本人が続服を希望されて、さらに1週間飲んで全く治まった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いつも書いていること事ですが、漢方薬も早めに飲むと、効きも早いのです。

 

キーワード別 一覧へ

ThemeSwitch
Created in 0.0126 sec.

Copyright© TERAMACHI-KANPOU PHARMACY. All Rights Reserved.