• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • カゴの中身
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 商品案内
  • お買い物方法
  • 相談方法
  • よくあるご質問

アトピー性皮膚炎で蕁麻疹を併発するケースは良く見られますが、痒疹(蕁麻疹に一種)が出ることも。

43歳の公務員の女性。5年前のアトピー症状を半年かけて、治した事がある。この度、5年ぶりに来局された。夏過ぎからお腹・腕に紅斑が出て、近所の皮膚科で、ステロイドを含む外用薬を使っていたが、2週間前から、胸・腹部が夕方になると、痒くなり、痒み止めを飲むと治まることを繰り返していた。

昔、漢方薬を飲んだ事とを思いだし、電話相談があった。とりあえず患部をみせてもらうことに。

患部の一部を見せてもらうが午前中なので、ごく軽い鳥肌状のアトピーの皮膚であったが、前日に痒かった時に撮影した画像をスマホでみせてもらうことに。

すると、汗腺部が膨れた、また搔破痕もあり、痒疹ようの症状になっていた、これではアトピー様の治療とは違うことを説明し、コリン性(毛孔部の浮腫性蕁麻疹)蕁麻疹様で、毛孔部を開いて、汗腺の機能を戻す漢方薬を使う。

これは、すぐ効いてきて、2週間ほどで、夕方からの発疹と痒みはなくなった。


 
human_09



 

キーワード別 一覧へ

ThemeSwitch
Created in 0.0187 sec.

Copyright© TERAMACHI-KANPOU PHARMACY. All Rights Reserved.