• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • カゴの中身
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 商品案内
  • お買い物方法
  • 相談方法
  • よくあるご質問

掌蹠膿疱症の改善には、いろいろな皮膚科での治療方法はありますが、それでもなかなか治らない方もたくさん居られるようです。

皮膚科での治療はステロイド、ビタミンD3軟膏、紫外線治療などですが、漢方薬での治療も、標準的な治療でうまくいかないかたには治療の選択肢に入れてみてください。

35歳の女性。1年前に扁桃腺炎になったころから、手の平に水疱ができた。そのうち足の裏にも出てきて皮膚科で掌蹠膿疱症といわれ、しばらく治療をしていたが仕事が忙しくてやめてしまった。そのうち知人から漢方で良くなったことを聞き来局される。



本人の体格は小柄でやや肥満体。大小便・食欲・血圧・生理とも特に異常はない。患部の状態は両手足の掌蹠に多数の膿疱を伴った水疱と、角質が厚くなって乾燥、剥離があり、一部に皮膚の亀裂もみられる。また、水疱部には多数の搔破根(引っかき傷の痕やかさぶた)もみられる。

そこで、掌蹠膿疱症の極期に相当する漢方診断の血熱熱毒症とみて、消炎・保湿の温清飲(うんせいいん)を煎じ薬で飲んでいただいた。数週間程度の服用では特別に変わ

りがなく、活溌に水疱が現れる。そこで、皮膚上部の水疱によく使う越婢加朮湯(えっぴかじゅつとう)を加えて服用する。さらに外用薬として漢方成分を含んだ抗炎症の外用薬

を塗ったところ、新しい水疱が出なくなり、続けること数ヶ月で、両手足の掌蹠部がわずかかに乾燥した状態にまで回復した。

 

キーワード別 一覧へ

ThemeSwitch
Created in 0.0218 sec.

Copyright© TERAMACHI-KANPOU PHARMACY. All Rights Reserved.