五十肩・・・・一言でまとめられる場合が多いですが、
原因はいろいろあります。
本当のところはよくわからない事も多いんです。

石灰沈着して炎症がきつく起こり
肩関節に水がたまるケースでは
痛みも強く、残念ながら長引きます。
整形で水を抜いてもらったり
炎症を鎮めるお薬をもらったりになります。

筋肉や腱の微細な断裂や
筋肉の拘縮したケースでは
漢方や鍼灸が力になれます。

最近、多いのは、
こけてから腕が上がらないケース
コリのきついようになって痛むが腕はあがるケース

こういう人には、是非お越しいただきたいですね。
筋肉の短縮によるものだけなら
短期に解決できます。
微細断裂が疑わしいケースでは
半年から一年ってとこですね。
でも、治ります。

ただ、放置すると
筋肉は萎縮しますので、
関節が固まり
動きに制限できてしまいますし、
痛みが長引く事もあります。

そのうち治るだろうは
だめです。