昭和大学医学部教授 久光正先生によると

「臨床では十全大補湯による肝がんや大腸がんなどの
肺への転移抑制効果が複数報告されており、
基礎研究でも十全大補湯ががん転移を抑制することがわかってきました。
これまでの研究では結腸がんの肝転移に対する十全大補湯の
マクロファージ T細胞を介した効果 結腸がんの肝転移に対する
補中益気湯のNK細胞を介した効果が報告されています。」
との事。

あまり証を気にせず、
がんの再発予防や転移予防にトライする価値があるのでは
と期待します。

つづく