動物実験でも臨床の場でも
漢方薬によるがんの転移抑制が認められているのですが、
前述の研究グループの実験結果では
漢方薬の服用量を多くした方が効果が高いと判明したとの事。
つまりは、
肉体的負担(副作用)と経済的負担を充分に勘案して
最高用量使えたら効果が期待できるという事になります。

ここからは生身の体ですので、
経過を見ながら慎重にという事になると思います。

IL12・IFNγ・NK細胞活性・パーフォリン・VEGFといった
キーワードの判明している作用機序もあるのですが
ここでは難しいことは省略します。

言える事は、
がんが成長するのに必要な栄養補給路を攻撃して
転移を抑制する作用が十全大補湯にあるという事です。

それ以外の漢方処方にも
いろいろな角度からがん細胞を攻撃することが判明してきました


それをメインの治療にするのは勇気がいりますが
もし家族が自分が治療を必要とする立場になったら
間違いなくこれらの漢方も服用すると思います。