• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 相談方法
  • よくあるご質問

今年も年の瀬が近付いて参りました:)

年末は12/31まで。来年は1/5から営業いたします!!

師走のドタバタにも負けず、皆様お体ご自愛くださいハート

どうぞよろしくお願いいたします。

こんにちは。猛暑が去り、季節の変わり目に入りました。

秋は何となく人恋しくなったり、もの寂しくなる季節。気温の低下が生命の維持のために不安にさせるようです。

何事も予防が大事!!
「養生」について考えてみました。

森林の養生というものがあるそうです。

・枝打ち(幹から木の枝を切り離すこと)
・除草(作物に有利な条件を与えるために雑草を取り除くこと)
・間伐(樹木の発育を助けるために一部の木を切ること)

これらを行なった林では秋にきれいな紅葉を見ることができ、昆虫などの生物も豊富に存在していたそうです。

人間の養生とは。もし不調を抱えているとしたら、太陽の光が差し込むのを遮っているものは何でしょうか。


食生活?睡眠?不安?恐怖?


一人で抱え込まず、気軽にお立ち寄りください:)

『夏の終わりのハーモニー』という曲をご存知ですか?
井上陽水と玉置浩二が歌う1986年に作られた美しい響きの曲です。

今年の夏は酷暑。異常な高温や湿度、体にとっては自覚のあるなしに関わらず、相当な負担だったのではないかと思います。食欲不振や疲れ、頭痛、精神の落ち込みイライラなど、不調が秋に尾を引かないように、早めにご自愛ください。

秋には割引キャンペーンの予定もありますのでお見逃しなく!随時お知らせいたします。

↑の曲も時間があればぜひ動くハート癒やされますよ♬


こんにちは。名古屋で40℃突破のニュース。暑いというより熱い。沖縄に避暑へ行く時代になったのかもしれません。
連日の猛暑で体は知らず知らずのうちに悲鳴を上げている可能性も(**!)

今当店売れ筋の「ナツメ」。栄養価が高い上に腹持ちもよく、ダイエットに、貧血に、夏バテに、女子の心強い味方アップ矢印
もちろん老若男女どなたも召し上がれます。

あなたも「ナツメ女子」デビューしてみませんか!

ちなみに、お客様で、家庭科の課題とのことで「忍者食」を作るために生薬を買って行かれた方がいました。
調べてみると、「兵糧丸」というのがありました。内容は、もち米、うるち米、蓮肉(ハスの種子)、山薬(ヤマイモ)、桂心(ニッキ)、ヨクイニン(ハトムギ)、朝鮮人参、氷砂糖。これらを粉砕して煮詰め、丸く成形して団子にするそうです。栄養価が高く、腹持ちもよさそうです。
他にも「水渇丸」といって、麦門冬、梅干しの果肉、氷砂糖を食べて、口の渇きやのどの痛みを癒やしたそうです。
精進料理ではないけれど、体に必要なエッセンスが詰まっていて興味深い:)動くハート

「忍者」デビューしてみませんか!(笑)

やまない雨はないように、夏も終わりを迎えます。無事に乗りきりましょう!ハート

こんにちは。茹(う)だる暑さが続いていますね(**!)
東洋思想では「心身一如」とあるように、体の不調から心の不調をきたすこともあるので、汗をかいたら休むなどして早めの対策を心がけましょう。暑さによるダメージは思いの外手強いです。。夏場の体力回復、ダイエットに「なつめ」がオススメです!ドライフルーツとしてそのまま召し上がれます動くハート小分け販売も行っております。

まだまだ解明されていないことも多い体の仕組みについて、漢方的な視点は面白いです。例えば、紀元前の漢方の薬方書である傷寒論(しょうかんろん)には、「胸脇苦満(きょうきょうくまん、胸や脇の辺りが張って苦しい感じ)」「心下痞硬(しんかひこう、心臓の下側がつかえて硬くなること)」などの言葉が出てきます。

現代医学では、内臓に異常があると、それに繋がる神経反射によって、体壁の筋肉が収縮して硬くなったり、皮膚の痛みとなって現れることが分かっています。つまり、胸や脇が硬くなるのは「肝臓」の不調、心臓の下側が硬くなるのは「胃」の不調であり、肝臓の神経は右肩の皮膚に繋がっているので、肝臓の不調から右肩が痛むこともあります。実際に感覚が生じるのは、内臓ではなく、周辺の筋肉(体壁)や神経と繋がっている皮膚です。科学技術が一切ない時代の医療人、恐るべしです(笑)

また、東洋医学では胃腸と肝臓は密接に関わりがあるとされています。肝臓ではホルモン代謝が行われているので、生理前後に不調がある方は、胃や肝臓の不調の可能性もあります。

胸や脇、胃の辺りが硬くなっていないかチェックしてみましょう!なかなか改善されない不調に漢方薬を試してみるのもいいかもしれません。お気軽にご相談下さい。


Copyright© TOYODO INAGAKI PHARMACY. All Rights Reserved.