蓮の実入り牡蠣ご飯

Print This Post

池田哲子先生

足が冷たくて眠れず、よく夢を見る方に。

材料

■ 2合分

  • 牡蠣 150g
  • 米 2合

A

  • かつお出汁 400cc
  • 薄口醤油 40cc
  • 酒 40cc
  • 蓮の実 20g
  • しょうが 10g
  • ねぎ 5センチ
  • クコの実 適量
Recipe Image 蓮の実入り牡蠣ご飯

作り方

1

【下処理】
牡蠣は小さじ1ほどの塩で軽くもんでおく。

2

Aをすべて鍋に入れて、沸騰したら牡蠣を入れて、2分煮る。

3

2.の牡蠣を取りだし、煮汁を冷ましておく。


4

炊飯器にといだ米と冷ました煮汁、牡蠣、蓮の実、しょうがの千切りを入れて、ご飯を炊く。

5

炊きあがったら、取り出していた牡蠣を炊飯器に入れ、10分むらす。

6

トッピングに白髪ねぎとクコの実を散らす。


食材の持つ働き

  • 牡蠣:
    体を潤わせて血を補い、慢性的な疲労や不眠を改善します。
    精神を落ち着かせる働きがあり、ストレスに負けない心身を作ります。
  • 蓮の実:
    胃腸の調子を整えて、下痢を止めてくれます。
    体を温める働きのある腎の機能を高めて、帯下、尿失禁などを改善します。
    心を穏やかにして、眠りやすくしてくれます。
  • しょうが:
    温めながら胃腸の働きを調整し、冷えたときの胃痛や嘔吐、食欲不振などを改善してくれます。
  • ねぎ:
    お腹を温めながら、冷え症やカゼの初期症状を改善してくれます。
  • クコの実:
    血のコントロールをしている肝と、パワーの源となる腎を補って、血と潤いを与えて、目のトラブルを改善してくれます。

漢方ミニ知識

【蓮子・蓮の実(れんし・はすのみ)】

スイレン科のハス Nelumbo nucifera は南米原産の多年生水生植物で、水田などで栽培されます。
花茎を水の中から長く伸ばし、花柄の先端に直径20cmほどの白色~淡紅色の花を1つづつ付けます。夏の朝方に開花し数日は開閉を繰り返します。花弁が散ってから果実は肥大し楕円形となり、蜂の巣に似た形になることから「蜂巣(はちす)」の別名で呼ばれ、「ハチス→ハス」となったと言われます。
蜂の巣のような穴に種子は埋まっており、緑色をした未熟の状態の種子は生食されます。成熟すると黒色となり固くなるので、茹でてアク抜きをしてから炒め物、煮物、薬膳スープ、甘納豆、餡、粽(ちまき)、粥や菓子などに利用されて食べられます。
主成分はデンプンですが、その他に食物繊維、タンパク質に富み、カリウム、カルシウム、マグネシウム、マンガン、リン等のミネラルが含有されています。
生薬として皮付きの果実を乾燥した蓮実(れんじつ)は強壮薬、婦人薬とし、果皮を剥いで採取した種子は蓮肉(れんにく)、蓮子(れんし)と呼ばれ、漢方処方の清心蓮子飲(せいしいれんしいん)や参苓白朮散(じんりょうびゃくじゅつさん)、啓脾湯(けいひとう)などに配合され、強壮、止瀉、鎮静、健胃薬として多夢、精力減退、心臓衰弱、食欲不振、下痢、脚気などに用います。また種子の中の胚芽を乾燥させたものを蓮心(れんしん)、種皮を蓮皮(れんぴ)と呼んで使います。(解説:二階堂 保先生)
>> ハスについて、さらに詳しく

【その他のミニ知識】

枸杞子(くこし)生姜(しょうが)葱(ねぎ)

Recipe Date

症状
ジャンル ,
主な食材 , , , , ,
レシピ提供 池田哲子先生

Mobile

蓮の実入り牡蠣ご飯
左のQRコードをご利用ください。

携帯電話でこのレシピをご覧いただけます。







漢方相談薬局・薬店店舗紹介 検索はこちらから!