• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • カゴの中身
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 商品案内
  • お買い物方法
  • 相談方法
  • よくあるご質問



 48歳の会社員。170cm。85kg中背ながら肥満体。
 
 10年以上まえからの乾癬。初めは両膝以下に十円硬貨大の皮疹が出現してきた
 
 徐々に、範囲・大きさが拡大してきた。その間数ヶ所の皮膚科にかかり
 
 ステロイド剤や免疫抑制剤を利用してきた。しかし、一時てきに効いた
 
 薬もあったが、すぐ症状(乾癬)はもどってしまう。
 
  来局され、患部を見せてもらうが下肢全体と腹部・背中にかなり大きな

  角質のはがれた輪状の乾癬が多数あり、痒みはあまり感じていない。


この状態に荊芥連翹湯(ケイガイレンギョウトウ)で表皮に・角質の代謝異常を

改善するように飲んでいただく。しかし服用のタイミングが悪かったためか、1週間

後から、乾癬中心部が炎症を起こしてきた。清熱薬の犀角地黄湯に黄連解毒湯

を加えた処方を提案し、早速服用を変えてもらった。すると徐々に皮疹は縮小し

大豆程度にまで縮小した、その後続ける事半年で、ほぼ乾癬は消失した。

しかし、又いつ何時再発する恐れがあるので、その兆候が出たときには、すかさず漢方薬の服用を薦めた。
  

 

ThemeSwitch
Created in 0.0266 sec.

Copyright© TERAMACHI-KANPOU PHARMACY. All Rights Reserved.