セロリおろしハンバーグ・豆腐とセロリの葉のスープ

Print This Post

池田哲子先生

イライラしたり、目が充血したり、気分が落ち着かない方に。

材料

■セロリおろしハンバーグ (4人分)

  • 合いびき肉 400g
  • にんじん 1/2本、
    トッピング用 1/3本
  • セロリ 1/2本、
    トッピング用 1/2本
  • たまねぎ 1/2個
  • バター 5g
  • 塩 少々
  • こしょう 適量
  • 卵 1個
  • パン粉 1カップ
  • 牛乳 大さじ3
  • 大根おろしの汁 大さじ2
  • しめじ 1/4株
  • 白ワイン 大さじ2

陳皮たれ

  • 酢 大さじ2
  • 濃口醤油 大さじ2
  • みりん 大さじ2
  • 陳皮 5g
  • アーモンド 大さじ1
    (細かく刻んだもの)

■豆腐とセロリの葉のスープ (4人分)

  • セロリの葉 1本分
    (みじん切り)
  • 豆腐 1/2丁(200g)
    (小さめのさいの目切り) 
  • 中華スープの素 (水400ccに対する分量)
  • 水 400cc
  • 塩・こしょう
Recipe Image セロリおろしハンバーグ・豆腐とセロリの葉のスープ
Recipe Image セロリおろしハンバーグ・豆腐とセロリの葉のスープ
Recipe Image セロリおろしハンバーグ・豆腐とセロリの葉のスープ

作り方

1

【準備】

アーモンド以外のたれの材料を混ぜておく。

牛乳にパン粉を浸しておく。

大根おろしの水分を切って、大根と汁を分けておく。

2

【セロリおろしハンバーグ】

トッピング用に、3センチ長さに切ったセロリとニンジン、しめじを入れて蒸しておく。(ラップに包んでレンジでもOK)

3

玉ねぎをみじん切りにして、バターで透明になるまで炒めて、冷ましておく。


4

セロリとにんじんは、みじん切りにする。

5

合い挽き肉、卵、1.で牛乳に浸しておいたパン粉、大根おろしの汁 大さじ2と、2. 3. を入れてよく混ぜ、ハンバーグの形にまとめる。

6

フライパンに油を入れ、中火~強火で1分焼く。
ひっくり返して、白ワインを入れてアルコールを飛ばしたら、蓋をして弱火で蒸し焼きにする。


7

ハンバーグに竹串を刺して肉汁が透明になったら、火から下ろして盛りつける。

8

ハンバーグの上に大根おろしを乗せて、トッピングに細切りしたセロリを乗せる。

蒸したセロリ・ニンジン・しめじを添える。

9

漬けておいた陳皮をたれから取り除き、細かく刻んだアーモンドを加えて、ハンバーグと蒸し野菜にかけていただく。


10

Recipe Image セロリおろしハンバーグ・豆腐とセロリの葉のスープ

【豆腐とセロリの葉のスープ】

湯に中華スープの素を入れて煮立たせる。

11

小さめのさいの目切りにした豆腐を入れて一煮立ちする。

12

火を止めて、みじん切りにしたセロリを入れる。


食材の持つ働き

  • セロリ:
    感情のコントロールをしてイライラを鎮めたり、上がりすぎた気を下げて、イライラしたときの頭痛や目の充血などを改善してくれます。
  • 大根:
    消化促進をして、上がりすぎた気を下げて、ストレスによるイライラ・嘔吐・胃痛などを改善してくれます。
  • 陳皮:
    気の流れを良くして、感情の乱れを落ち着けてくれ、胃腸の調子を整えてくれます。
  • 牛肉:
    気血を補って元気を付け、倦怠感や疲れを改善して体力増進をしてくれます。
  • 豚肉:
    体に必要な潤いを補って元気を付け、コロコロ便や空咳などを改善して、体力をアップします。
  • 玉葱:
    胃腸の調子を整えて、もやもやした感じを解消し、気の流れを良くします。
  • ニンジン:
    消化促進をして気血を作り、目の疲れやドライアイを改善します。
  • しめじ:
    血を作って潤いを増やし、肌荒れや便秘を解消し、血不足からの感情の乱れを改善します。
  • 豆腐:
    体に必要な潤いを補い、もやもやとした熱感を解消して、口の渇きを改善してくれます。
  • アーモンド:
    消化促進をして、貧血や便秘を解消して、気持ちを落ち着かせてくれます。

ワンポイントアドバイス

セロリ、大根は少し体を冷やす傾向にあるので、冷え症の方の多量摂取は控えて下さい。

漢方ミニ知識

【占地(しめじ)】

キシメジ科のホンシメジ Lyophyllum shimeji は秋に、やや乾いた木の下に何本も群生して生える茸で、傘は初めは球状で黒っぽく、開くと扁平でネズミ色で、あまり大きく拡がりません。昔から匂い松茸、味シメジと言われて、味は松茸に勝り、香気はないけれど、歯触りがよい高級品とされています。ただ、人工栽培は非常に難しく天然物しかなく、希少なため、ほとんど流通していません。一般に見られる「しめじ」は人工栽培したヒラタケ科のヒラタケ, Pleuro ostreatus で、椎茸、エノキダケに次ぐ第3位の生産量を示し、味、香りにクセが無く汁物、なべ物、天ぷら、うどん、炊き込みご飯、炒めものなどにひろく使われています。加熱しすぎると水っぽくなり、歯触りも悪くなるので手早く調理する必要があります。(解説:二階堂 保先生)

【大根(だいこん)】

アブラナ科のダイコン Raphanus sativus var. raphanistroides は地中海地方原産の2年草で、日本、中国で大量に栽培され、多数の品種が知られています。春の七草の一つで清白(すずしろ)と呼ばれます。春に白~淡紅色の4弁の十字架状の花を付け、果実は長角果で、中に赤褐色の種子が入っています。地下に垂直に根が伸び、主軸が肥大したものを食用とします。少し緑色をした肥大部の上の部分は根ではなく、両側に1列づつヒゲ根がて出ている部分が真性の根になります。味噌煮、ふろふき大根、なます、刺身のつま、沢庵漬け、糀漬、千枚漬、切り干し、大根下ろしなどに用いられます。ビタミンA,B,C,鉄、カリウム、消化酵素などを含みますが、もみじおろしにするとニンジン中のビタミンC酸化酵素が働くのでビタミンCを補給する目的には適しません。「カイワレ」はダイコンの双葉のことで食欲増進作用が知られています。
種子を乾燥したものを莱服子(らいふくし)と呼び、漢方で健胃、去痰の目的で用い、又咳止め、喉の痛みなどにも用いられます。根には多量の消化酵素ジアスターゼを含み、でんぷん質の消化を助け、胸やけ、胃酸過多、胃もたれ、二日酔いなどに有効ですが、胃が冷えやすい胃下垂や胃拡張の人はナマで食べるのは避け、逆に口内炎の人は生食した方がよいと言われます。(解説:二階堂 保先生)
>> ダイコンについて、さらに詳しく

【胡椒(こしょう)】

コショウ科のコショウ Piper nigrum は東インド原産の常緑つる性の植物で、同属植物にはフウトウカズラ、キンマ、ヒハツなどがあります。花穂は房状になり、未熟の果実を熱湯に浸漬し、黒変した時に取り上げ、果軸などを除いて乾燥した黒胡椒(Black pepper)と、完熟した果実を1週間水中に浸漬し、外皮を除いて乾燥した白胡椒(White pepper)とがあります。香りと辛味は黒胡椒より白胡椒の方が強いとされます。防腐効果もあるので肉の保存にも使われ、また胃粘膜を刺激して食欲増進作用を示す香辛料でもあります。
この果実を乾燥したものを胡椒(こしょう)と呼び、薬用には一般に白胡椒を用い、腹痛、歯痛,下痢止めなどに用いられます。また胃腸を温めて嘔吐や下痢を治す効果があり、漢方処方の胡椒湯(こしょうとう)に緑豆と共に配合されます。(解説:二階堂 保先生)

【胡芹・芹菜(せろりー)】

セリ科のセルリー Apium graveolens var. dulce はヨーロッパ原産で古代エジプト時代から薬用として栽培され、江戸末期に我が国に渡来した、英名をCeleryと呼ぶものです。全草に芳香があり、白い小花を球状(複散形花序)に付けます。茎より葉に栄養が多く生食、サラダ、スープ、煮物、炒め物などにします。また、葉は切ったチーズの保存に利用されます。成分としてミネラル、アミノ酸や精油などを含み、便秘、高血圧、食欲不振や肝臓などに良いとされています。ヨーロッパでは古くから男性の強精薬として知られており、中国では高血圧、頭痛、目の充血や血尿に用います。また浴湯料として保温、疲労回復、腰痛などに効果があるとして用いられます。(解説:二階堂 保先生)
>> セロリについて、さらに詳しく

【その他のミニ知識】

玉葱(たまねぎ)陳皮(ちんぴ)豆腐(とうふ)人参(にんじん)

Mobile

セロリおろしハンバーグ・豆腐とセロリの葉のスープ
左のQRコードをご利用ください。

携帯電話でこのレシピをご覧いただけます。







漢方相談薬局・薬店店舗紹介 検索はこちらから!