• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • カゴの中身
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 商品案内
  • お買い物方法
  • 相談方法
  • よくあるご質問



夏に両肘関節から手首・手甲かけての水疱性湿疹が、漢方薬の内服と黄連軟膏にて

改善したが、そのあと10月になり、空気の乾燥と気温の低下から、表皮が乾燥して、

痂皮になり、炎症ではなく皮膚木枯燥から痒みがでて、その場所を掻いて、さらに

痒みを助長させてきた。この時期には非常に多くのかたがこの症状で相談に来られる

ケースです。

このような時は、従来の皮膚治療では、ワセリンと抗ヒスタミン薬を主とした塗薬しかな

いのですが、漢方薬なら、飲む保湿剤があります。

この方には当帰飲子にバクモントウ・ゲンジン・オウギを多量に加えて服用して、

さらに外用には、紫雲膏や、紫雲膏と親水クリームを加えた混合クリーム利用

して、対処すると、2週間ほどで痒みは半減し、30日ほどの服用で、ほぼ改善し

正常に復した。

 

キーワード別 一覧へ

ThemeSwitch
Created in 0.0133 sec.

Copyright© TERAMACHI-KANPOU PHARMACY. All Rights Reserved.