鶏肉とアスパラのカシューナッツ炒め

Print This Post

池田哲子先生

疲れが溜まっていたり、イライラ・目の充血・ドライアイ・乾燥肌・爪が割れやすいなどの貧血気味の方に。

材料

■4人分

  • 鶏もも肉 400g
  • カシューナッツ 60粒くらい
  • アスパラガス 6本
  • セロリ 1本
  • ニンジン 1/2本
  • しめじ 1/2房

調味料1(鶏肉の下味用)

  • しょうゆ 小さじ4
  • 料理酒 小さじ4
  • 油 大さじ2
  • 片栗粉 大さじ2
  • 塩・こしょう 少々

調味料2(炒め用)

  • 油 大さじ4
  • にんにく(みじん切り) 1片分
  • しょうが(みじん切り) にんにくと等量
  • 唐辛子(細切り) 2~3本分

調味料3(たれ用)

  • しょうゆ 大さじ2
  • オイスターソース 小さじ2
  • 紹興酒 小さじ3
  • 砂糖 小さじ2
  • 片栗粉 小さじ2
  • ※を全部混ぜ合わせておく
Recipe Image 鶏肉とアスパラのカシューナッツ炒め

作り方

1

鶏もも肉を2cm程度に切り、調味料1をビニール袋に全て入れてよく肉をもみほぐし、しばらく置いておく。

2

アスパラガスは はかまを取り、下の方はピーラーなどで皮を剥き、斜め切りにする。

セロリの下の方はピーラーなどで筋を取り斜め切りにする。

ニンジンは薄切りにして2センチぐらいの幅に切る。

3

沸騰したお湯に2.を入れ、セロリが透明になるまで茹でる。


4

大さじ4程度の油をフライパンに入れ、弱火でカシューナッツを茶色くなるまで炒める。
炒めたらカシューナッツを別の皿に移し、炒めた油はそのまま使う。

5

火を中火にして、1.で下ごしらえした鶏肉を入れる。
少し焦げ目をつける程度しばらく置き、裏返して火を通す。

6

火が通ったら、カシューナッツの皿に移す。


7

フライパンの油を拭き取り、調味料2の油を入れて唐辛子で香り付けする。
唐辛子の色が変わったら唐辛子を捨てて、にんにくとしょうがを入れる。

8

にんにくとしょうがが焦げる前に、茹でた野菜としめじを全て入れて、強火で炒める。

9

野菜に火が通ったらカシューナッツと鶏肉を入れて混ぜ、調味料3を良く混ぜ合わせて鍋肌から入れる。


食材の持つ働き

  • 鶏肉:
    胃腸の調子を整え、食欲不振を改善し、ゲップなどを改善して気を作ってくれます。
  • カシューナッツ:
    腎を強めて血を補い、疲労を回復します。
  • アスパラガス:
    体の中にこもった余分な熱を取りながら、水分代謝を良くして気を補い、免疫力を向上させたり、血中脂肪の抑制をします。
  • セロリ:
    イライラを鎮め、気の流れをよくし、精神の安定を図ります。
  • ニンジン:
    消化不良を改善し、血を補い、貧血や疲労、ドライアイなどを改善します。
  • しめじ:
    血と潤いを補い、肌荒れや便秘、高血圧などを改善します。

ワンポイントアドバイス

体に熱がこもっている方や、ひどい咳などの炎症症状がある方は、香辛料を控えめにしてください。

漢方ミニ知識

【唐辛子(とうがらし)】

南米原産で、コロンブスがヨーロッパへ持ち帰り、インド、中国を経て豊臣秀吉の朝鮮出兵の時に持ち帰ったと言われるナス科の植物です。トウガラシ Capsicum annuum の果実を乾燥したものを生薬の蕃椒(ばんしょう)と呼び、引赤剤として外科手術、霜焼け、凍傷防止などに、皮膚刺激剤として腰痛、筋肉痛、肩こり、リウマチ、関節炎、神経痛などに用いられます。また粉末にして食欲増進、消化促進、唾液分泌促進の目的で飲むこともありますが、過量にならないように注意する必要があります。
辛味成分としてcapsaicin、カロチノイドとしてcapsanthin、β-carotenなどが知られています。
形や大きさが異なる多くの品種が知られており、また辛味のほとんど無いピーマンやカラーピーマンと言われるパプリカなどの品種も知られています。未熟の果実は味噌焼き、揚げ物、葉は佃煮、熟した果実は香辛料としてラー油、タバスコ、七味唐辛子など広範囲な用途を持った食材です。(解説:二階堂 保先生)
>> トウガラシについて、さらに詳しく

【大蒜(にんにく)】

ユリ科のニンニク Allium sativum の鱗茎を乾燥したものが大蒜(たいさん)と呼ばれる生薬で、抗菌、抗真菌、抗腫瘍作用が知られ、食欲増進、発汗、利尿、緩下、疲労回復、滋養強壮、健胃整腸、風邪予防、冷えなどに用いられます。漢方処方に配合されることはないが、漢方的には駆虫作用を目的に使われることがあります。
ニンニクは焼いて醤油をかけたり、生でおろして刺身などに添えたりして食べ、また肉料理の香味料やソースの原料にもされます。
成分の含硫アミノ酸、alliinは無臭ですが、酵素allinaseによってニンニク臭の本体である強い臭気を持ったallicinに変化します。この臭い成分は生の植物体にはあまり含まれておらず、切ったり、おろしたりすることにより酵素が働いて臭いが生じるのです。またこのallicinは多くの菌に対して強い抗菌作用を示し、さらにビタミンB1と容易に結合してallithiaminとなり、腸内で分解されず筋肉などに蓄積され、必要に応じてビタミンB1を放出します。(解説:二階堂 保先生)
>> ニンニクについて、さらに詳しく

【生姜(しょうが)】

ショウガ科のショウガ Zingiber officinale は熱帯アジア原産で広く世界各地で栽培される多年草です。
根茎を乾燥させたものが生薬の生姜(しょうきょう)、生薑(ショウキョウ)で、表皮を除き湯通し後、乾燥させた根茎を乾姜(カンキョウ)と呼んで区別しています。生薬としての薬理作用は睡眠延長、鎮静、鎮痛、体温上昇作用、鎮吐作用、健胃作用などが知られており、頭痛、嘔吐、腹痛、咳などに用いられ、また芳香性辛味性健胃薬、駆風薬、矯味、矯臭薬、食欲増進薬として使われます。
漢方でよく使われる約30%以上の処方に配合されており、作用が強い生薬の効果をマイルドにする緩和作用の役割をしており、葛根湯(かっこんとう)をはじめ、生姜瀉心湯(しょうきょうしゃしんとう)、生姜甘草湯(しょうきょうかんぞうとう)、乾姜人参半夏丸(かんきょうにんじんはんげがん)などに配合されています。
精油成分のジンギベレンや辛味成分のジンゲロールの他に、生薬に調製することにより生じる辛味成分ショウガオールなどが知られています。
根茎には辛味と芳香があり、料理の後味をすっきりさせるスパイスで、またタンパク質分解酵素を含んでいるので、よく肉や魚料理と一緒に使われます。前年に植え付けた根を晩秋に掘り起こしたものが香気と辛味が強い老成生姜(ひねしょうが)で、このひねしょうがの上部に新生した根を柔らかく、辛味も強くない新生姜(しんしょうが)と言い、この新生姜が育って葉を付けたまま初夏に出るのが葉生姜(はしょうが)です。この葉生姜よりさらに早採りをして促成栽培したものが矢生姜又は芽生姜(めしょうが)で甘酢に漬けて魚料理などに付けます。
(解説:二階堂 保先生)
>> ショウガについて、さらに詳しく

Mobile

鶏肉とアスパラのカシューナッツ炒め
左のQRコードをご利用ください。

携帯電話でこのレシピをご覧いただけます。







漢方相談薬局・薬店店舗紹介 検索はこちらから!