• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • カゴの中身
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 商品案内
  • お買い物方法
  • 相談方法
  • よくあるご質問

 
 不妊症には、卵子が受精できないものと、受精卵が子宮に着床できないものがあります。漢方薬は特に後者の受精卵が着床できないケースによく使われます。

 相談者は38歳の会社員で、2年前に妊娠しましたが、7週で流産したとか。以来、治療を続けたものの、なかなか結果が出ないとのこと。

 体格は中背、痩せ型で、顔がむくみやすく、手足の冷えもあるようです。生理は、周期は普通です
が、高温期が短い状態です。このような状態で、体力的に弱く、冷え性のタイプには、まず身体を温

め、むくみを取るとされる当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)を、より効果があるとされる煎じ薬にして
飲んでもらいました。さらに、運動もするように勧めました。

 初めの1カ月はきちんと服用しなかったため、あまり変化がありませんでした。そこで、服用率を上
げるため、エキス剤に変えて、当帰芍薬散に桂皮人参(けいひにんじん)を加え、きちんと飲ん

でもらいました。

すると、身体が温まることを自覚するようになり、高温期も長くなってきました。服用を続け、半年後に妊娠。無事に3.5kgの男の子を出産しました。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

     極端な妊活をする前に身体を妊娠しやすくする努力の大事ですし、
     漢方薬の利用も、身体の負担がなく、有効です


girl10_s



 

ThemeSwitch
Created in 0.0160 sec.

Copyright© TERAMACHI-KANPOU PHARMACY. All Rights Reserved.