• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • カゴの中身
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 商品案内
  • お買い物方法
  • 相談方法
  • よくあるご質問

 

45歳の主婦。長身・やせ型。

1年前から、首・顔に湿疹ができ、皮膚科で神経性湿疹、あるいは貨幣状湿疹と診断をうけて、治療を続けてきたが治らず。最近はステロイドの内服薬をだされて、知人から危険だから、止めて漢方薬をすすめられた。
皮疹はやや浮腫状に小豆大くらいの紅斑ができている。湿疹用ではないが、診断名から湿潤性の皮膚炎に使う消風散(しょうふうさん)の煎じ薬を調合するが、よくない。次に十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)に越婢加朮湯(えっぴかじゅつとう)を同時服用としても効果が全くない。

次に診断名を無視して、小さいが、膨疹ようになって、皮膚科でいう蕁麻疹様なので、皮膚の状態だけで、皮下の炎症性浮腫が隠れているとみて、桂麻各半湯にしてみたところ、こんどはすぐ効果がでて、2週間で完全に治ってしまった。念のため、あと2週間お薬を飲んでいただいた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

当たり前だが、漢方薬を飲もうとしている人の病名にとらわれて、薬を決めていけない
皮膚状態からの漢方薬を決めねば効果がでないことを痛感させられた


 

キーワード別 一覧へ

ThemeSwitch
Created in 0.0221 sec.

Copyright© TERAMACHI-KANPOU PHARMACY. All Rights Reserved.