漢方を知る

きぐすり.com は、漢方薬、女性の健康、サプリメント、ハーブの情報を専門家がやさしく解説しています。

病気と漢方

漢方で病気を治そう ~生活習慣病やアレルギー、現代病にも漢方の力。~

 
    症状別検索  

アトピー性皮膚炎と漢方

 
3

漢方薬でアトピー性皮膚炎を治そう!


 アトピー性皮膚炎で下記の症状に該当するような方は、それぞれの処方を参考にしてください。

こんな時は 漢方の内服保湿剤
処方 四物湯(しもつとう:当帰、川きゅう(せんきゅう)、芍薬、地黄)人参(紅参)の併用を基本にしてください。

■四物湯構成生薬
四物湯構成生薬

こんな時は 紅班とジュクジュクが広がり、消毒だけではおっつかない状態になると、排膿薬といわれる漢方薬を服用しなければいけません
処方

桔梗湯(ききょうとう:桔梗[マクロファージや好中球の活性を高める作用を持つ]と甘草)
十味敗毒湯 (じゅうみはいどくとう)

もう少し薬効を広げるには・・・
荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう:[黄連解毒湯:黄連、黄柏、黄ごん(おうごん)、山梔子]+[四物湯:当帰、川きゅう(せんきゅう)、芍薬、地黄]に荊芥、連翹、防風、薄荷葉、枳殻、甘草、
白し(びゃくし)、桔梗、柴胡を加味)

  上記の排膿薬を服用すると、感染している患部から今以上に黄色い膿汁や透明なリンパ液が出始めます。清浄綿でパッティングしてふき去ってください。患部の紅班、浮腫、ジュクジュクが完全に消失するまで治療してください。

こんな時は 乳幼児のアトピー性皮膚炎予備軍には
処方 苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)
  どくだみ5、紫蘇2、ウワウルシ3、菊花2、はと麦10を1.2リットルの水で煎じお茶代わりに飲んでいただいてもよろしいです。

こんな時は ストレスで難治になっている女性のアトピー性皮膚炎
処方 女神散(にょしんさん)
  お血が強い場合は女神散に桃核承気湯を加味する

こんな時は まだ紅班と掻き傷がある場合
処方 四物湯 紅参 の併用を基本にして 黄連解毒湯 を加味してください。治りがよくなります

こんな時は 乾燥がひどくゴワゴワし、時には象皮のようになっている方
処方 地黄剤としては 六味丸 もよろしいです。

こんな時は 皮膚の表面(角層)が乾燥しているのに、その内部はジュクジュクして、手の平や足の裏で美しい肌の部分に触れると、じっとりと湿っている
処方 五苓散(ごれいさん)
  煎剤では、茯苓を10~15g使い、さらに黄耆を10g加味すると水毒性のアトピー性皮膚炎はよくなります

こんな時は 紅班がある
処方 五苓散黄連解毒湯 を半量

こんな時は 紅班、熱感の強い場合
処方 中国では、清皮湯(せいひとう:生地黄10、赤芍4、当帰3、川きゅう(せんきゅう)3、黄ごん(おうごん)5、山梔子4、白朮4、茯苓10、茵陳蒿5、よく苡仁(よくいにん)8)

 
参考になりましたでしょうか?ここで紹介した処方は、
ほんの一部です。また実際に使用される場合は
漢方相談薬局・薬店店舗紹介、必ず漢方相談薬局・薬店などで相談してください。

1. アトピー性皮膚炎って?
2. アトピー性皮膚炎の注意点
3. 漢方薬でアトピー性皮膚炎を治そう!


  ページトップへ ページトップへ

漢方相談薬局・薬店店舗紹介

TOP