漢方を知る

きぐすり.com は、漢方薬、女性の健康、サプリメント、ハーブの情報を専門家がやさしく解説しています。

病気と漢方

漢方で病気を治そう ~生活習慣病やアレルギー、現代病にも漢方の力。~

 
  症状別検索

紫外線による日焼け(皮膚障害)と漢方

現代の地球は、クーラーの冷却やスプレー缶に用いられるフロンガスや、フィリピンのピナツボ山脈の火山灰、過去の原水爆の実験などによって地球の表面を覆うオゾン層が破壊され、紫外線がストレートにわれわれを襲っています。

 
  ●紫外線による日焼け(皮膚障害)と漢方  
  1. 日焼けって?
  2. 紫外線が原因となるもの
  3. 漢方薬で紫外線による日焼け
    (皮膚障害)を治そう!

 

1

日焼けって?

紫外線

紫外線

 紫外線にはA、B、C線があり、地上に届くのは紫外線全体の10分の1である中波長紫外線B(290~320ナノメーター)と長波長紫外線A(320~400ナノメーター)です。適当な紫外線は、ビタミンDの生合成、殺菌作用を有しますが、多すぎると皮膚のランゲルハンス細胞を減少させるので免疫力が低下したり、白内障を誘発したり、皮膚に対する光線過敏症などの障害を引きおこします。

日焼けの仕組み

紫外線のB線によって作られた活性酸素が表皮細胞を破壊する

遊離した細胞膜成分の脂質、アラキドン酸が引き金で、皮膚に炎症をおこす

毛細血管の透過性が亢進され、発赤、疼痛、腫脹がおこる

炎症は真皮に存在するマスト細胞も刺激する

ヒスタミンなどの化学伝達物質を放出させる

さらにDNAを損傷して細胞を破壊する

炎症はますますひどくなり、血管が拡張され皮膚は真っ赤になる

ヒリヒリする日焼けの皮膚炎、すなわち火傷をもたらします。


次へ次へ 「紫外線が原因となるもの

  ページトップへ ページトップへ

漢方相談薬局・薬店店舗紹介

TOP