漢方を知る

きぐすり.com は、漢方薬、女性の健康、サプリメント、ハーブの情報を専門家がやさしく解説しています。

病気と漢方

漢方で病気を治そう ~生活習慣病やアレルギー、現代病にも漢方の力。~

 
  症状別検索

夜尿症と漢方

夜尿症とはいわゆるおねしょの事です。
4才以上の子供が夜間眠ってからおもらしするものを夜尿症といいます。

 

●夜尿症と漢方

  1. 夜尿症って?
  2. 家庭でのポイント
  3. 漢方薬で夜尿症を治そう!

 

1

夜尿症って?

 人が眠りに入ると、抗利尿ホルモンであるバソプレッシンホルモンが分泌され、腎臓に働きかけて尿細管での水分の吸収を促進させ、就寝中にはできるだけ膀胱に水分を送りこまないようにしています。

 この日内リズムが10才を過ぎてもつかなければ、就寝中に膀胱が尿でいっぱいになります。すると目を覚まして、「排尿しろ!!」と命令されるのですが、その信号も送られず、無意識に排尿し、朝まで気がつかないといった状態が『夜尿症』です。

夜尿症の種類

 夜尿症には大きく2つの種類があります。

一次性夜尿症 二次性夜尿症
赤ちゃんのときから続いているもの。 一度排尿機構が完成した後、しばらくしてから起こるもの。
年齢が大きくなると治る事から、排尿に繋がる神経の発達の遅れが一因と考えられています。 何か心理的な原因が考えられます。例えば、弟(妹)が生まれた後、夜尿が始まった場合、親の愛情を取られたと感じることによる、欲求不満などです。

MEMO

少数ですが、尿路の炎症、尿失禁やてんかん性の脳波異常、知恵遅れを合併している場合などもあります。


次へ次へ 「家庭でのポイント

  ページトップへ ページトップへ

漢方相談薬局・薬店店舗紹介

TOP