蒸し豆腐の野菜のせ・潤いスープ

Print This Post

池田哲子先生

体の中に熱がこもったり、喉が渇いたり、汗をかきすぎて疲れて、虫さされや湿疹が治りにくい方に。

材料

■4人分

  • 絹ごし豆腐 1丁
  • たまご 4個
  • 豚ひき肉 60g
  • 酒 大さじ1
  • しょうゆ 少々
  • 片栗粉 大さじ1
  • 松の実 大さじ2
  • 干しエビ 大さじ2
  • にんじん 3センチ
  • きのこ 適量
  • みょうが 1つ
  • たまねぎ 1/4個
  • セロリ 3センチ
  • 白木耳 2g

スープ

  • だし 2カップ
  • しょうゆ 大さじ2
  • みりん 大さじ2
  • 味噌 大さじ2
  • クコの実 大さじ2
  • 白ごま 大さじ2

トッピング

  • セロリ 適量
  • クコの実 適量
Recipe Image 蒸し豆腐の野菜のせ・潤いスープ

作り方

1

【準備】
豆腐の水切りをしておく。

2

にんじん、きのこ、ミョウガ、玉葱、セロリ、水で戻した白木耳は小さく切っておく。

3

白ごまをすっておく。


4

ボウルに解きほぐした卵、水切りした豆腐、豚ひき肉、松の実、干しエビ、切った具材、酒、醤油、片栗粉を入れて、よく混ぜる。

5

茶碗などの容器にラップを敷き、4.を流し入れて、上からまたラップをして、蒸し器かレンジで3分ほど蒸す。

6

【スープを作る】
スープの材料を鍋に入れて煮たて、水溶き片栗粉でとろみをつける。


7

蒸し上がった5.を逆さにしてラップをはずして、器に取り出す。

8

7.に6.のスープをかけて、トッピング用のセロリの細切りと、水で戻したクコを乗せる。


食材の持つ働き

  • 豆腐:
    体にこもってしまった余分な熱をとりながら、必要な潤いを補います。
  • 豚肉:
    体に必要な気と潤いを補って体力を回復し、空咳や便秘を解消します。
  • にんじん:
    消化を促進して血と潤いを補って、肌に潤いを与え、目のトラブル(かすみ目・ドライアイ・目の疲れ)を改善してくれます。
  • しめじ:
    血を作って潤いを増やし、肌荒れや便秘を解消し、血不足からの感情の乱れを改善します。
  • ミョウガ:
    体にこもってしまった余分な熱をとりながら、浮腫みや喉の痛みを改善します。
  • 玉葱:
    もやもやとした胃の不快感を取り、気血の流れを良くしてくれます。
  • セロリ:
    気の流れを良くしてイライラを改善し、滞って汚れた水を尿として排泄します。
  • 白木耳:
    肺を潤わせて、咳を鎮めたり肌に潤いを与えてくれます。
  • クコの実:
    血のコントロールをしている肝と、パワーの源となる腎を補って、血と潤いを与えて、目のトラブルを改善してくれます。
  • 白ごま:
    体に必要な潤いを与え、便秘や皮膚の乾燥を改善します。
  • 松の実:
    体に必要な潤いを与え、肺や腸を潤わせて空咳や便秘を改善します。肌や髪の潤いも与えてくれます。

漢方ミニ知識

【胡麻(ごま)】

ゴマ科のゴマ Sesamum indicum はエジプトでBC1300年に栽培した記録があるなど世界各地に古くから作られていた1年草で、仏教とともに伝来しました。ゴマ油は栄養価が高く、肉食を禁ずる僧にとっては大事な栄養源でした。
夏に淡紫色~白色の小花を付け、秋には4稜で、尖っている朔果を結びます。種子の色により黒色(黒ゴマ)、白色(白ゴマ)と黄色(金ゴマ)の3種が知られています。食用としては種子を炒り、ゴマ塩、ゴマ和え、スープ、菓子原料としたり、絞った油を食用油、天ぷら油、サラダ油などにします。若芽はお浸し、和え物にして食べます。但し、種子の外皮は消化が悪いので、よくすり潰して用いる方がよいとされます。
種子を胡麻と呼び、良質なタンパク質(20%)と脂肪油「ゴマ油」(40-45%)、ビタミンE、ミネラルなどを含有しており、漢方では主に黒胡麻を用い、消風散(しょうふうさん)に配合されたり、有名な紫雲膏(しうんこう)にゴマ油として配合されます。
ゴマ油はリノレン酸、リノール酸、オレイン酸などの不飽和脂肪酸で構成されているので、血中コレステロール値を下げ動脈硬化予防、副腎皮質ホルモンや男性ホルモンの分泌促進作用、ストレスやイライラにも有効とされます。
花は発毛作用や腫れ物に良いとされ、アーユルベーダーでは歯を丈夫にして口内炎、鼻炎、顔の老化に有効とされています。
最近では成分のゴマリグナンが注目され、この中のセサミンは肝機能増強作用、悪酔いや二日酔いの防止効果、又セサミノールは老化防止、紫外線によるシミやシワにも有効とされています。(解説:二階堂 保先生)
>> ゴマについて、さらに詳しく

【茗荷(みょうが)】

ショウガ科のミョウガ Zingiber mioga は東南アジア原産で、山地の樹下又は人家に植えられる日本独特の野菜です。
葉はショウガに似て細長く、互生して先端は尖っています。根茎には節が多く、多肉質で地下を横走して白色の地下茎を出します。
春に幼茎が伸びた若芽を「ミョウガタケ」として、汁の実、麺類、冷奴の薬味などとして食用にします。夏になると地下茎から花茎を出して、地上へ伸長すると、紫脈のある紅緑色の苞葉の間から花穂が出て淡黄色の花(一日花)が咲きます。蕾の状態で採取して「花ミョウガ」とか「ミョウガの子」と呼んで食用とします。独特の香りと辛味があり、特有の色と合わせ、和風料理の香辛野菜として利用される夏が旬の野菜です。
香と辛味を示す成分は精油成分のα-ピネンで、大脳皮質を刺激して気分を高め、眠気を覚まし、発汗、血液循環促進、消化促進、解熱、解毒などの作用が知られ、喉の痛みや口内炎などにも有効とされています。またカフェインやゲラニオールなどの抗菌作用を持った成分を含み、さらに食物繊維も多く、カリウム、カルシウム、マグネシウムなどのミネラル成分も多く含まれています。
またホルモンのバランスを整える作用も知られており、生理痛や生理不順の改善、女性の冷え性や、それによる腰痛、腹痛などにも有効です。
ミョウガを食べると物忘れがひどくなると言われますが、科学的証拠もなく逆に上記のように香り成分によって集中力が増すことが知られています。
花穂を襄荷(じょうか)と呼び、若芽、茎と共に煎液として消化促進、神経痛、リウマチに用います。また根茎は腎臓病や生理不順に、根茎、葉は凍傷や霜焼けのかゆみ止めに用いられます。(解説:二階堂 保先生)
>> ミョウガについて、さらに詳しく

【その他のミニ知識】

白木耳(しろきくらげ)胡芹・芹菜(せろりー)玉葱(たまねぎ)豆腐(とうふ)人参(にんじん)

Mobile

蒸し豆腐の野菜のせ・潤いスープ
左のQRコードをご利用ください。

携帯電話でこのレシピをご覧いただけます。







漢方相談薬局・薬店店舗紹介 検索はこちらから!