• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • カゴの中身
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 商品案内
  • お買い物方法
  • 相談方法
  • よくあるご質問

いつも、お読みいただきありがとうございます。


IP08_B35



逆流性食道炎への、遅い食事時間に関する影響の報告ですが、これは、生理痛からアトピーまでいろいろな病気にも言えることです。胆に命じましょう。

・エネルギー代謝や栄養トランスポーターに関わる多くの遺伝子群が日内リズム変動していることから、食事は栄養素等の構成や量だけでなく、いつ摂るかという時刻の要素も重要です1)。

・胃腸の運動や消化酵素の分泌は習慣的な食事時間を記憶し、食事時刻を予知して活発になります。いったん形成されたリズムは、一時的に食事をしなかったり、食事時刻がずれても維持されます。消化管の機能はエネルギー消費が低下する夕方にピークになるため、夕食の時間が遅く、高カロリーの食事に偏ると肥満になりやすいと言われています2)。

・高脂肪食や高脂血症はLES圧を低下させ、逆流性食道炎の発症や増悪にも繋がります3)4)。GERD患者さんでは夕食から就寝までの時間が短いということもわかっており5)、遅い時間の食事や高脂肪食を避けることはGERD予防の観点からも重要と言えます。

・炭水化物、タンパク質、脂質の順に胃排出時間は早くなります6)。消化によい食品として、脂質が少なく、消化吸収の妨げになる食物繊維の少ないものがおすすめです。

例:うどん、お粥、豆腐、白身魚、鶏のささみ、牛や豚の赤身

1)柴田重信ら. 日薬理誌 137: 110-114, 2011
2)加藤秀夫 編. 栄養科学シリーズNEXT スポーツ・運動栄養学. 講談社, 2007
3)草野元康 編. GERD+NERD診療Q&A. 日本医事新報社, 2011
4)Fujikawa Y, Tominaga K, et al.Digestion 86:228-237, 2012
5)Fujiwara Y, et al. Am J Gastroenterol 100: 2633-2636, 2005
6)竹内修二 監修. 考えよう!消化と呼吸 2007年, 教育画劇

 

キーワード別 一覧へ

ThemeSwitch
Created in 0.0253 sec.

Copyright© TERAMACHI-KANPOU PHARMACY. All Rights Reserved.