• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 相談方法
  • よくあるご質問

 江戸時代の名医、貝原益軒先生の養生訓に「夏こそ温かいものを食べるべし、酒も温めて飲むべし」
と温かいものの飲食を勧めています。暑い夏なのになぜでしょう。夏は良く食中毒が発生しますが、食中毒とは関係なく、下痢をする人もいます。

 人間が自然の中で、自然と調和して健康を保っています。暑い環境の中で健康を保つために、からだの中(消化器官)は冷えて調和をとっているのです。暑いからといって、冷たいビールや氷などを摂りすぎると、消化器官は冷えすぎて、下痢をするようになるのです。冷えすぎる冷房の部屋で、足腰の冷えを感じるとお腹に中も冷えてきて調子を狂わせてしまう人もいます。

 とにかく、冷たいものの摂りすぎは注意しましょう。

 このような時は、漢方薬の『人参湯』を内服すると下痢や腹痛も一~二服で快方に向かいます。この処方の中に入っている「乾姜」がお腹を温めるのです。


解説:惠木 弘(恵心堂漢方研究所所長)

漢方薬専門 東医堂 杉山薬局
〒355-0047 埼玉県東松山市高坂1088
相談電話 0493(35)0890 
定休日 日・月曜、祭日
当店への漢方相談はこちら >>

Copyright© Sugiyama pharmacy. All Rights Reserved.