拒食症や過食症で悩んでおられる方の御家族へ

拒食症や過食症といった摂食障害で悩んでおられる方は、
子供のころ、親に気に入られようとして、
「良い子」を演じていた自分が、
成長とともに「本来の自分」が出てきて
その狭間でどうも感じ方や感覚がちぐはぐになって
たまたま「痩せる事」に活路を見出したというか
「痩せる事が自分の生きがい」
とでもいうようになってしまっている方が多いと感じます。

ここから脱出するには、
自分の持ち味に気づいて「自分に合った生き方」を見つけて
それを伸ばす事が大事です。
すなわち、しがみついている事(体重など)以外で
自分に合ったものに出会う事が大事となります。


摂食障害の人は、
親に心配かけたくない思いと
太りたくないという思いとの葛藤があります。

ですので、親の前では心配かけたくないという思いで
食べるふりなどの演技をする事もあるので注意が必要です。

拒食症の人は、
内科的データで異常ない事、
体重が必要最低限キープできている事が絶対条件です。
必要に応じて入院も視野に入れなければいけないので、
内科医との連携は必須です。

また、拒食症の人は固い意志で食を拒んでいるという事を
親(サポーター)が理解するという所からのスタートになります。
本人は痩せている事に満足しているため
治療には乗ってこない事が多いものです。
これを親(サポーター)が悟って
「食べなさい」ではないアプローチをできるようにしないといけません。

それと、本人が「入院しないで済む」という体重を
自分の意思でキープする事が大事です。
そのために入院の必要性は○○キログラムという設定をし、
それを本人に了承してもらって
体重を維持させる事が命を守る原則となります。

過食症の人は、根は強力な「やせ願望」「太る事への恐怖」があります。
過食→拒食、拒食→過食などいろいろ、
過食で太っているパターンもあれば、
過食しても吐いたり下剤で痩せている人もいます。

過食して、吐く・下剤で出す などで
痩せて体も心もボロボロになるケースも多いものです。

拒食症の人は感情の波が少ないですが、
過食症の人は感情の波が激しいと感じます。

過食症の人は、いつも「自分は太っている」という思いがあって、
家族の「普通やで」という言葉に
自分をわかってくれないという思いに不信感が募り、辛く苦しんでいます。

また、食べて、吐いて、罪悪感や自己嫌悪になって落ち込む事も多いものです。

太る恐怖が常にあって下剤に頼ることで「痩せている」をキープしている人は
用量オーバーで一種の自傷行為でありこれは楽観視してはいけません。
体内のミネラルバランスが崩れて命の危険すらありますので
こういう人はデリケートに扱う必要があります。

過食症の人は感情の波が激しく、不機嫌、家族を巻き込んで
「太る恐怖」から逃れるために
不安から家族にあたったり暴力をふるったりということもあります。
「食べたい、でも痩せたい」が常にあるので、
ここから意識をはずして別の所に興味が行くような
「生きがい」「自分らしさ」を見つける事を手伝うのです。


「夢中になれるもの」「生きがい」を見つける事で
「食」に対するこだわりやしがみつきから脱出させることができます。


いずれにしても、簡単ではありません。
少しづつ、山を一歩一歩上っていくようなものです。
その山道は山あり谷ありの「波」があります。
一喜一憂せず、長期戦で闘っていきましょう。