うつ状態が長引く人や
相当なストレスを抱えておられる方に
パニック障害を併発しておられる方も
しばしば見られます。
今のところ 魔法はないので、
地道な治療が必要になります。
パニック障害にせよ、うつ病にせよ、
ストレスが重なり脳が疲労してしまって疲れきっている状態
そう考えると治療の道筋がつけやすくなります。
いずれも、脳を休めるために睡眠を確保する事
そのための漢方薬や、時に、睡眠導入剤も必要な場合もあります。
そして、「安神・養心」のハリ治療しながら、
「面接」を通じて自分の頭の整理をしていき
自分なりのストレス除去の妙案を探り出していきます。
そうすることで頭もさえていき適切な対応力もついて
やがてパニックやうつ状態から解放されていくのです。

         

現代医薬と言えば、
痛みに鎮痛剤、
花粉症に抗アレルギー薬、
高血圧に降圧剤・・・・・と疾患の数だけ薬を飲むのが当たり前。
ですが、
東洋医学では、
主訴を中心に考えながらも、
東洋医学的診察で処方を決定しますので、
何種類も漢方薬を飲むという事はありません。
話を伺い、脈診・舌診・腹診・・・・・・。
結果、決定した処方が、
主訴を緩和するだけでなく、
「歓迎すべき副作用」を生むこともしばしば。

「花粉症の漢方」ではないのに、花粉症に効いている人。
「鼻炎が主訴の漢方」なのに、「疲れにくくなり元気もアップ」した人。
「皮膚病の漢方」なのに、血液検査で貧血改善した人・・・・・。

お面白いでしょう漢方。

 

最近、様々な病態の方の相談を受けるのですが
何も精神的な疾患のみならず
どう考えてもストレスが介在しているとしか思えない方が多くなりました。
例えば、痛み 
例えば、リウマチや甲状せん、円形脱毛、などの自己免疫疾患 
例えば、アトピーや喘息 
例えば、ゲップ、食欲不振
例えば、頭痛・・・・

ストレスに気付いてない方すらいますし、
うまく対処できていない方
モンモンとしている方
何かにしがみついている方・・・・

定期的に
面接しながら
治療しながら自分の今の気持ちに向き合う事
これが大事なのです。
そして平素の漢方薬。
今のところ、
このスタイルが良いのではないかと思っています。

       

問題行動の一つ リストカット。
いわゆる、ストレスがたまって
自分を傷つけることで解消しようとする問題行動。

カウンセラーの方は、
「どんどんさせてストレス解消させてあげてください」
というものの、
親としては 心配でならない。
当然です。

人は、何かにしがみついて
何とかバランスを取ろうとする事があります。
例えば、ギャンブル依存、薬物依存・・・・

リストカットなどの自傷行為も、
しがみつきのひとつ。

行為そのものより、
そこに至る経緯の中で、
自分がそうせざるを得なくなった事を
本人が頭を整理して
自分の本当の気持ちに気がついて
どうしたら「快適」なのかを探る事が大切です。

 

うつ状態の人は
人一倍傷つきやすいものです。

そういう人は
もしかしたら自分を傷つけるかもしれない人と
交流を持つ事は非常に危険です。

そういう状態になれば、
私は良く言います。
「正しい引きこもり」をして
安全地帯に逃げ込め!と。