健康トピックス 「ストレス」

何かの不安や思いや考えが浮かんで
とらわれの心に苦しんでいる人も多いことでしょう。

多くのその気持ちは
実際の不安というより
未来の不安であることが多いもの
こうなったらどうしよう
というものが多いものです。

もちろん今現在、
直ちに決断しないといけない事に
遭遇している人も居るでしょう。
そういう人は
もし自分一人で決断できない時は
誰かに相談する事をおすすめします。
一人で悩まず
自分の弱さをさらけ出しても大丈夫な人に
相談してみませんか。
何か名案が浮かぶかもしれませんから。

未来の不安に「占領」されてしまっている人は
その考えや思いが浮かんできたら
なるべく他の事を考えて
「流す」ようにしてみましょう。
概ね15分我慢して流して
他のことを考える事ができれば
襲ってきた不安を流すことに成功します。

浮かんでは流し
浮かんでは流し・・・・

その繰り返しで
だんだん浮かんでこなくなります。

大丈夫。
焦らずぼちぼち。
失敗してもかまいません。
失敗の連続からスタートするものですから。

     

当たり前ですが、
誰もが人生を順風満帆に送りたいと思うもの。
しかし、人生って山あり谷あり。
だからこそ、面白い!と思えると良いのですが
なかなかそうはいかないですね。

ピンチを上手く乗り越えられる人はいいですが、
「自分はやたらとピンチに弱い」
そんな人もいることでしょう。

特に、
かつて戦争の苦しみや経済的にも厳しい時代を
越えてこられた方はタフに思えますが、
ある意味「過保護」「経済大国」「平和」で
タフでなくなってしまっているのは仕方ないのかもしれません。

だからこそ、
ピンチの時には一人で乗り切ろうとせずに
「人に頼る」のが大事になります。
一人で乗り切ろうとすると
疲れ果ててしまいます。

今時なのでネット情報でもいいですが、
無責任な記事や書き込みもありますし
何より表面的な浅い情報になってしまいがちです。

ここは、リモートが盛んな時代ではありますが
直に相談できる人を見つけて
時間や空間を共有して
自分の気持ちの整理を手伝ってもらいましょう。

話をしている内に「名案」が浮かんだり、
「客観的」に状況を捉えられたりするものです。

一人じゃないのです。

 

コロナ禍で
リモートを余儀なくされている人
コロナウイルスに罹患してしまった人
仕事が激減してお先真っ暗という人・・・・

コロナウイルスは
ずいぶん罪作りなことをしてくれました。
しかし、
ピンチはチャンス!

日頃、
一人になりたい!
ゆっくりしたい!
そう思っていた人は多いのでは?

まずは、「一休み」
それこそ、一休さんの
「一休み、一休み」

そこで、今まで頑張ってきた心と体を休めて
次なる戦いに備えるのです。
開き直って
休んでみませんか?
特に脳の疲れがとれてくると
良い考えが浮かぶことも。。。

休んで良いんです。

 

人に影響され安く困っている人は
意外と多いのではないでしょうか。

人の真似をしたくなる
人に勧められて断れずすぐ行動する
人に振り回されてしまう
人の顔色を見てしまう・・・・

人に影響されやすい人は共感力が高く
相手を気遣い思いやれるという能力を持っているという事で
そこは大事にしてもらいたいところでもあります。
しかし、一方で振り回され安いので疲れ果ててしまうことも。

自分は自分!という部分をしっかり意識して
自分はどうありたいのか?
自分の価値観を大事にしてください。
時に人に合わせることも大事です。
要はバランスです。

自分流と合わせる を使い分けて
人と同じで良い部分と
そうでない部分を持って。

自分にとって「しんどい人」に
変化を求めるのは無理です。
その人が「変わろう」と思わない限り
人は変わりません。
自分との距離を取るのが最善です。
そうして自分の「領域」を守り
自分の感覚を大事に行動することです。

 

昨今のコロナウイルスの影響で
以前にも増して
自分でもよくわからないイライラや落ち込み自己嫌悪など
そういうコントロール困難な感情に
翻弄されてしまってる人も多いと思います。

肉体的
あるいは精神的
あるいは経済的な
現実の苦しさも手伝ってしんどい人もいるでしょう。

さらに、「もし」の不安などのように
将来の不安が頭をもたげていると尚更です。

もともと「不安」な気持ちは
人間が持って生まれた能力です。
もしかしたら感染するかもしれないと思うから
外出自粛できるのです。
逆に「不安能力」の低い人は
平気平気といって外出して感染リスクが高まります。

そこに、
人は女性生理のサイクルのように
気持ちにも「波」があります。
大波もあれば小波もあります。

そのことを是非知っていただいて
不安に押しつぶされそうなとき
訳もなくイライラするとき
無性に落ち込んでしまうとき

そんな時は現実の不安材料に波が重なっているのかもしれない
そう考えて「今は波が来たな」と
波が去るまで自分が楽なことをしてしのいでください。
無理をしないことです。
眠ること、食べること、好きなことに没頭する
なんでもOK.

今は仕方ない そう考えて良いのです。