漢方を知る

きぐすり.com は、漢方薬、女性の健康、サプリメント、ハーブの情報を専門家がやさしく解説しています。

病気の悩みを漢方で

症状と漢方薬

気うつ・意欲の低下

気うつ・意欲の低下

1.気うつと意欲の低下

 気うつ傾向や意欲の低下は、西洋医学(心療内科、精神科)の心理療法や薬物治療が必要な場合があります。

 気うつ感や意欲の低下を生薬・漢方処方だけで治療するのは限界がありますが、本音を話せる「かかりつけ」の薬剤師さんと相談すれば、気分が晴れることがあります。このような心因性の「気うつ・不安感・意欲の低下」に用いる生薬や漢方処方を紹介します。

 主たる生薬は、薬用人参です。胃腸を調えて心身の機能を活性化する薬です。

人 参

2.人参を含む処方(1)胃腸虚弱で疲労感が顕著な人の「意欲低下」

胃腸虚弱で疲労感が顕著な人の「意欲低下」のイメージ

 食欲がなく疲れやすいHEさんは、体力低下のため「やる気」がでません。風邪をひくとこじれて寝込みます。

 HEさんには補中益気湯(ホチュウエッキトウ)が適します。この処方には薬用人参をはじめ黄耆(オウギ)、甘草(カンゾウ)、白朮(ビャクジュツ)、大棗(タイソウ)、生姜(ショウキョウ)、陳皮(チンピ)という胃腸を調える生薬が含まれています。処方名の「補中」は、「おなか」の機能を補うという意味です。

 なお大棗は、果物のナツメの果実、生姜は薬味のショウガ、陳皮はマーマレードに類するミカンの皮ですから、食べ物と同じ生薬です。

補中益気湯の配剤生薬
ナツメの植物線画 ショウガの植物線画 ウンシュウミカンの植物線画

 胃腸が弱いと貧血傾向になります。そうすると自信がなくなって不安感や、動悸息切れ、不眠を伴います。このような時には人参に加えて酸棗仁(サンソウニン)を含む帰脾湯(キヒトウ)が適します。

酸棗仁 サネブトナツメの植物線画

3.人参を含む処方(2)人の思惑が気になる人の「気うつ」

人の思惑が気になる人の「気うつ」のイメージ

 意欲を高める柴胡(サイコ)という生薬と薬用人参を組み合わせて「気うつ感」に用いる処方に柴胡加竜骨牡蛎湯(サイコカリュウコツボレイトウ)があります。

 イラストのSBさんは神経質で円形脱毛症を悩んでいる様子です。体格は「そこそこ」ですが、見かけ以上に神経質で、人の思惑や血圧の変動が気になり、動悸、めまい、気うつ感、不眠に悩む人です。

4.胃腸虚弱な人の「意欲低下」

 体力が低下し冷え症の婦人の「意欲低下」や「体力低下」には黄耆建中湯(オウギケンチュウトウ)が適します。 これは薬用人参を含みませんが、黄耆や甘草、大棗、生姜は補中益気湯と共通しています。

 処方名の「建中」も補中益気湯の「補中」と同様に「おなか」を調えるという意味です。建中湯類は芍薬と大棗を多く含み、更に膠飴(コウイ:水飴)で栄養をつけ便通を調えます。
 膠飴は米・麦などのデンプンに麦芽を加えて糖化した麦芽糖です。

黄耆建中湯の配剤生薬
芍薬 芍薬の植物線画

5.胃腸虚弱な人の「気うつ」

胃腸虚弱な人の「気うつ」のイメージ

 イラストのHKさんは孤独を好む几帳面な人で、電車の座席の隅に「ひっそり」と座っている様子です。HKさんには半夏厚朴湯(ハンゲコウボクトウ)が適します。のど元のつかえ感(咽喉頭異常感)に用いる処方です。厚朴(コウボク:ホオノキの樹皮)と蘇葉(ソヨウ:シソの葉)が気分を明るくする生薬です。


半夏厚朴湯の配剤生薬

6.高齢者の体力低下に伴う「意欲不足」

高齢者の体力低下に伴う「意欲不足」

 イラストのHJさんは、年齢を重ねて疲れがとれにくい様子です。八味地黄丸(ハチミジオウガン)が適します。夜間に小便を行く回数が多く、眠れないので疲れや気力の低下を感じています。皮膚が乾燥し「かゆみ」にも悩んでいます。

 地黄(ジオウ:カイケイジオウの根)や山茱萸(サンシュユの果肉)で潤いを回復します。八味地黄丸は生薬の粉末を蜂蜜で固めた丸剤(ガンザイ)でしたが、現在では煎じ薬でも使用されています。


ジオウの植物線画 サンシュユの植物線画 八味地黄丸の丸剤

7.「気うつ」や「意欲低下」以外の症状を話してください。

 気うつ感や意欲の低下の漢方治療は、食欲、便通、睡眠、その他の症状を総合して判断します。多くの自覚症状を本音で話してください。

 しかしながら、漢方処方だけで治療するのは限界があることもご了解ください。

~ちょっと一言:漢方医学と西洋医学の併用

気うつは不眠を伴います。

まず「睡眠障害」でかかりつけのお医者さんに相談されると良いでしょう。
さらに心療内科、精神科の心理療法や薬物治療が必要な場合があります。

これらの場合には、漢方処方と抗うつ薬を併用することが適する場合もありますので、主治医の先生とご相談ください。

あなたの街の漢方相談薬局・薬店へ

症状と漢方薬

(あ行)
アルツハイマー型認知症
アレルギー性鼻炎
胃食道逆流症
胃腸かぜ
胃腸虚弱
胃痛
胃もたれ
意欲の低下
イライラ
イライラ(産後)
インポテンツ
うつ感
おしっこの悩み(前立腺肥大)
(か行)
過活動膀胱
肩・首筋のこり
過敏性腸症候群
下部尿路症状
花粉症
関節痛(冷え症)
かんしゃく
乾燥肌
気うつ
気うつ(産後)
気管支炎
機能性ディスペプシア
月経周期の乱れ
月経痛(冷え症)
月経痛(冷えのぼせ症)
月経不順(周期の長短)
月経不順(血の道症)
月経前症候群(PMS)
げっぷ
下痢
下痢(ゲンノショウコ)
高血圧
高血糖
好酸球性副鼻腔炎
口内炎
後鼻漏
かぜ(風邪)
呼吸困難(COPD)
こじれた咳(感冒)
子どもがほしい
(さ行)
産後の回復不全
残尿感(前立腺肥大)
しもやけ
CFS(慢性疲労症候群)
COPD
女性不妊
暑気あたり
尋常性ざ瘡
頭重感
頭痛
ストレス胃
生理痛(冷え症)
生理痛(冷えのぼせ症)
生理不順(血の道症)
精力低下(男性)
せき(咳)
咳(こじれた感冒)
喘息
喘息(発作)
喘息(寛解)
前立腺肥大
GERD
(た行)
たん(痰)
男性不妊
蓄膿症
血の道症
手足口病
手足のしびれ(糖尿病)
動悸
凍瘡
糖尿病
(な行)
内臓脂肪症候群(糖尿病)
ながびく咳(感冒)
夏かぜ
夏バテ
2型糖尿病
にきび
尿意切迫
尿失禁
尿路結石
尿路不定愁訴
妊娠力をつけたい
認知症
脳血管性認知症
熱中症
のぼせ感
(は行)
肺気腫(COPD)
排尿困難(前立腺肥大)
排尿痛
鼻アレルギー
鼻かぜ
鼻づまり
鼻水
冷え症
冷えのぼせ症
鼻炎
肥満
肥満(糖尿病)
疲労
疲労感
疲労感(胃腸虚弱)
疲労感(栄養不足)
疲労感(産後)
疲労感(ストレス)
疲労感(寝不足)
疲労感(冷え)
頻尿
PMS(月経前症候群)
不安定膀胱
プール熱
腹痛
副鼻腔炎
婦人更年期障害
不眠
不眠(産後)
ヘルパンギーナ
便通異常
便秘
膀胱結石
(ま行)
マタニティー・ブルー
慢性胃炎
慢性気管支炎(COPD)
慢性の咳(COPD)
慢性閉塞性肺疾患
無月経
胸やけ
メタボリック・シンドローム(糖尿病)
めまい
(や行)
夜間頻尿(前立腺肥大)
抑うつ感
(ら行)
冷房下痢

漢方薬名の意味


TOP