きぐすり.com は、漢方薬、女性の健康、サプリメント、ハーブの情報を専門家がやさしく解説しています。

病気の悩みを漢方で

漢方医療とは

1.漢方は直観と対話の医療

相談風景

 漢方は「直観と対話」の医療です。患者さんの様子を見て体力の余裕やストレスを直観し、悩みを聞き話し合う対話によって病態を確認します。

 その後これらの情報を漢方医学的に整理考察して、その時点でその人に適切な生薬や処方を選びます。


2.漢方相談の例

相談風景

 同じ動悸の悩みでも患者さんの体力の余裕や症状によって治療処方が異なることを説明します。

 イラストのOGさんは「体力中等度以上で、顔色赤く、イライラして落ち着かない状態」で動悸(心悸亢進)やめまいに悩んでいます。

 OGさんの、顔面紅潮しのぼせている状態を漢方医学では熱証(ネツショウ)と診断します。これは「冷ます」効能のある黄連(オウレン)や山梔子(サンシシ)の適応病態です。そのためこれらの清熱(セイネツ)薬が配合された黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)で治療します。

 TSさんは「体力中等度以下で顔色悪く疲れやすい冷え症傾向で」動悸やめまいに悩んでいます。

 TSさんの冷えている状態を寒証(カンショウ)といいます。温めて改善する当帰(トウキ)や芍薬(シャクヤク)が配合された当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)が適します。

 上記の下線の部分は、イラストの雰囲気を文字で示したものです。このように「動悸」に悩む患者さんの様子や雰囲気を直観で感じ取り、対話で確認して、その時点で必要な生薬を考えて処方を選び使い分けるのが漢方医療です。

3.漢方相談は対面で

 漢方相談は、患者さんと薬剤師が対面することが基本です。

 薬局では、様子を見る望診(ボウシン)、症状を聴く聞診(ブンシン)、確認のために話す問診(モンシン)で情報を集めて漢方医学的に考えます。

 望診で歩き方、姿勢などを診て体力(抗病力)の余裕の程度を判断します。

 聞診と問診で、苦しくつらい症状に加えて、食習慣、大小便、睡眠など主訴と直接関係ないと思われることも尋ねます。聞診には声の大きさや体臭も情報にします。

 そのため、相談する内容を事前にまとめておいてください。また舌の色や口臭も診ますので、舌の色や口臭に影響するカレーなどを直前に食べることは避けてください。

  • 前のページ「総論(1)」

症状と漢方薬

(あ行)
アルツハイマー型認知症
アレルギー性鼻炎
胃食道逆流症
胃腸かぜ
胃腸虚弱
胃痛
胃もたれ
意欲の低下
イライラ
イライラ(産後)
インポテンツ
うつ感
円形脱毛症
おしっこの悩み(前立腺肥大)
(か行)
過活動膀胱
肩・首筋のこり
過敏性腸症候群
下部尿路症状
花粉症
関節痛(冷え症)
かんしゃく
乾燥肌
気うつ
気うつ(産後)
気管支炎
機能性ディスペプシア
月経周期の乱れ
月経痛(冷え症)
月経痛(冷えのぼせ症)
月経不順(周期の長短)
月経不順(血の道症)
月経前症候群(PMS)
げっぷ
下痢
下痢(ゲンノショウコ)
高血圧
高血糖
好酸球性副鼻腔炎
口内炎
後鼻漏
かぜ(風邪)
呼吸困難(COPD)
こじれた咳(感冒)
子どもがほしい
(さ行)
産後の回復不全
残尿感(前立腺肥大)
しもやけ
CFS(慢性疲労症候群)
COPD
女性不妊
暑気あたり
尋常性ざ瘡
頭重感
頭痛
ストレス胃
生理痛(冷え症)
生理痛(冷えのぼせ症)
生理不順(血の道症)
精力低下(男性)
せき(咳)
咳(こじれた感冒)
喘息
喘息(発作)
喘息(寛解)
前立腺肥大
GERD
(た行)
たん(痰)
男性更年期障害
男性不妊
蓄膿症
血の道症
手足口病
手足のしびれ(糖尿病)
動悸
凍瘡
糖尿病
(な行)
内臓脂肪症候群(糖尿病)
ながびく咳(感冒)
夏かぜ
夏バテ
2型糖尿病
にきび
尿意切迫
尿失禁
尿路結石
尿路不定愁訴
妊娠力をつけたい
認知症
脳血管性認知症
熱中症
のぼせ感
(は行)
肺気腫(COPD)
排尿困難(前立腺肥大)
排尿痛
鼻アレルギー
鼻かぜ
鼻づまり
鼻水
冷え症
冷えのぼせ症
鼻炎
肥満
肥満(糖尿病)
疲労
疲労感
疲労感(胃腸虚弱)
疲労感(栄養不足)
疲労感(産後)
疲労感(ストレス)
疲労感(寝不足)
疲労感(冷え)
頻尿
PMS(月経前症候群)
不安定膀胱
プール熱
腹痛
副鼻腔炎
婦人更年期障害
不眠
不眠(産後)
フレイル(虚弱)
ヘルパンギーナ
便通異常
便秘
膀胱結石
(ま行)
マタニティー・ブルー
慢性胃炎
慢性気管支炎(COPD)
慢性の咳(COPD)
慢性閉塞性肺疾患
無月経
胸やけ
メタボリック・シンドローム(糖尿病)
めまい
(や行)
夜間頻尿(前立腺肥大)
抑うつ感
(ら行)
冷房下痢

漢方薬名の意味


TOP