きぐすり.com は、漢方薬、女性の健康、サプリメント、ハーブの情報を専門家がやさしく解説しています。

病気の悩みを漢方で

症状と漢方薬

1.認知症の概要

 認知症は、脳神経細胞の障害による認知機能障害です。

 新しいことが覚えられない(記憶障害)にはじまり、簡単な計算ができない、時間や場所がわからない、考えて決めることができない、などなどの症状が徐々に進行し、時には人格も変わります。

 認知症は、老化に伴う単なるもの忘れとは違います。日常生活や人間関係などの社会生活に支障がでる疾患です(表1)。

2.認知症の種類・・・血管性認知症と神経変性性認知症

 認知症には血管性認知症と神経変性性認知症の2種類があります。

 血管性認知症は、脳梗塞や脳出血など脳の血流障害が原因で発症する認知症です。

 神経変性性認知症は、アルツハイマー型認知症とレビー小体型認知症のように異常なタンパク質が脳に溜まり脳神経細胞が変性障害されることによって発症する認知症です。

 認知症で一番多いのがアルツハイマー型認知症、です。レビー小体型認知症と脳血管性認知症の3種類で認知症の8割以上になります。

 主な認知症の特徴の概要を以下に示します。高齢者のうつ病と紛らわしい認知症もありますので、詳しい診断は、専門の医師に相談してください。

3.認知症の症状

 認知症では、表2に示したようにそれぞれに特徴的な症状がありますが、主な症状は、中核症状と周辺症状です(図2)。

 ①中核症状・・・脳の神経細胞の障害による記憶障害などの症状群
 ②周辺症状(行動・心理症状:BPSD):中核症状を感じた患者が、不安や焦りや怒りを感じて精神的に不安定になって起きる症状。

 周辺症状(BPSD)は患者の性格や生活環境や医療担当者・介護者との人間関係が大きく影響します。

4.認知症治療の現状

 現代の科学医療においても、認知症を根治させることは困難な状況です。

 しかしながら、早期に発見すれば、進行を遅らせることはできます。また認知症に伴う行動・心理症状(BPSD)を軽減する治療や介護も行われています。

 漢方医療でも認知症を根治させることは困難ですが、行動・心理症状(BPSD)を軽減する効果が明らかになってきました。とくに、黄連(オウレン)、柴胡(サイコ)、釣藤鈎(チョウトウコウ) などを配合した漢方製剤が注目されています。

 次回以降に漢方製剤の臨床報告(エビデンス)を紹介しながら、認知症治療における漢方医療や漢方製剤の役割を紹介します。

~ちょっと一言:どうすれば認知症になりにくいか

 認知症予防の基本は、メタボリック・シンドローム(内臓脂肪症候群)と生活習慣病の予防軽減です。

 脳梗塞後の脳血管性認知症が、生活習慣病(高血圧、糖尿病)と関係が深いことはすぐに分かりますが、アルツハイマー型認知症のような神経変性性認知症の発症も生活習慣病と深く関係しています。

 血糖の管理が不適切で血糖の変動が大きいと認知症の危険性が約2倍に増えるということです。脂質の摂取量を控え、適度に運動することも認知症の予防に有用です。

 さらに、好奇心をもって頭脳を使うことを意識してください。家族や世間との付き合い、段取りを考えて料理する、絵画や俳句・川柳など創作的な趣味を持つ、などです

あなたの街の漢方相談薬局・薬店へ

症状と漢方薬

(あ行)
アルツハイマー型認知症
アレルギー性鼻炎
胃食道逆流症
胃腸かぜ
胃腸虚弱
胃痛
胃もたれ
意欲の低下
イライラ
イライラ(産後)
インポテンツ
うつ感
おしっこの悩み(前立腺肥大)
(か行)
過活動膀胱
肩・首筋のこり
過敏性腸症候群
下部尿路症状
花粉症
関節痛(冷え症)
かんしゃく
乾燥肌
気うつ
気うつ(産後)
気管支炎
機能性ディスペプシア
月経周期の乱れ
月経痛(冷え症)
月経痛(冷えのぼせ症)
月経不順(周期の長短)
月経不順(血の道症)
月経前症候群(PMS)
げっぷ
下痢
下痢(ゲンノショウコ)
高血圧
高血糖
好酸球性副鼻腔炎
口内炎
後鼻漏
かぜ(風邪)
呼吸困難(COPD)
こじれた咳(感冒)
子どもがほしい
(さ行)
産後の回復不全
残尿感(前立腺肥大)
しもやけ
CFS(慢性疲労症候群)
COPD
女性不妊
暑気あたり
尋常性ざ瘡
頭重感
頭痛
ストレス胃
生理痛(冷え症)
生理痛(冷えのぼせ症)
生理不順(血の道症)
精力低下(男性)
せき(咳)
咳(こじれた感冒)
喘息
喘息(発作)
喘息(寛解)
前立腺肥大
GERD
(た行)
たん(痰)
男性不妊
蓄膿症
血の道症
手足口病
手足のしびれ(糖尿病)
動悸
凍瘡
糖尿病
(な行)
内臓脂肪症候群(糖尿病)
ながびく咳(感冒)
夏かぜ
夏バテ
2型糖尿病
にきび
尿意切迫
尿失禁
尿路結石
尿路不定愁訴
妊娠力をつけたい
認知症
脳血管性認知症
熱中症
のぼせ感
(は行)
肺気腫(COPD)
排尿困難(前立腺肥大)
排尿痛
鼻アレルギー
鼻かぜ
鼻づまり
鼻水
冷え症
冷えのぼせ症
鼻炎
肥満
肥満(糖尿病)
疲労
疲労感
疲労感(胃腸虚弱)
疲労感(栄養不足)
疲労感(産後)
疲労感(ストレス)
疲労感(寝不足)
疲労感(冷え)
頻尿
PMS(月経前症候群)
不安定膀胱
プール熱
腹痛
副鼻腔炎
婦人更年期障害
不眠
不眠(産後)
ヘルパンギーナ
便通異常
便秘
膀胱結石
(ま行)
マタニティー・ブルー
慢性胃炎
慢性気管支炎(COPD)
慢性の咳(COPD)
慢性閉塞性肺疾患
無月経
胸やけ
メタボリック・シンドローム(糖尿病)
めまい
(や行)
夜間頻尿(前立腺肥大)
抑うつ感
(ら行)
冷房下痢

漢方薬名の意味


TOP