漢方を知る

きぐすり.com は、漢方薬、女性の健康、サプリメント、ハーブの情報を専門家がやさしく解説しています。

病気の悩みを漢方で

漢方薬名の意味

1.疎経活血湯 (ソケイカッケツトウ)の意味
・・・経絡(ケイラク)を疎通して血(ケツ)の機能を活かす方剤

 疎経活血湯(ソケイカッケツトウ)の疎経(ソケイ)は、不通になっている経絡 (ケイラク)を疎通させる(開き通す)という意味です。疎は疏と書く場合もあります。
 経絡は、(キ)と(ケツ)の通り道(主要な経脈と支流の絡脈)です。
 活血(カッケツ)はの停滞を改善させての栄養機能を活性化することです。

 このことから方剤名は、経絡を疎通しての機能をかすという効能に由来しています。

2.疎経活血湯 の適応・・・冷えで悪化する関節や腰や筋肉の痛み

 疎経活血湯(ソケイカッケツトウ)の疎経活血不通則痛(通じざれば痛む)状態を改善して痛みや筋肉のこわばりを軽減する薬能を示しています。
 不通則痛気血水(キケツスイ)の流れが不通になれば痛みが発症するという漢方医学の考え方です。

 疎経活血湯は、寒さや湿度によって気血水の循環が悪くて発現する痛みに用いられます。
 適応症状は筋肉痛・肩こり、関節のむくみ・痛み・しびれ、腰痛、坐骨神経痛などです。

3.疎経活血湯(ソケイカッケツトウ) の配合生薬

 疎経活血湯 (ソケイカッケツトウ)の17種の配合生薬を図1に示しました。

  • 疎経(ソケイ)に関連するのは、
  • 1)図1の上段の青い線で囲んだ生薬です。これらは寒さや湿気などが誘発する痛みを温めて緩和させます。
  •  活血(カッケツ)に関連するのは、
  • 2)下段の下線を付した4種の活血薬(カッケツヤク)です。さらに、
  • 3)下段の点線で囲んだ4種の生薬です。これらは、の不足を補っての機能を活かす補血剤(ホケツザイ)の四物湯(シモツトウ)の構成生薬です。
  • これらの生薬が連携して不通則痛の改善に寄与します。

4.疎経活血湯 の関連方剤(1)・・・二朮湯(ニジュツトウ)

 二朮湯(ニジュツトウ)は、冷え症、むくみ傾向の人の肩こりや上腕のしびれや痛み(肩関節周囲炎)に適します。一方、疎経活血湯下肢や腰の痛みに用いられることが多いようです。

 二朮湯は、痛みを軽減する威霊仙(イレイセン)や羌活(キョウカツ)を含む点で疎経活血湯の関連方剤です(図2)。本方は二陳湯(ニチントウ:図2の水色で囲んだ5生薬)を含むので、胃もたれを伴う人にも適します。
 本方に関しては婦人更年期障害の漢方(7.肩こり.3)も参照してください。

5.疎経活血湯 の関連方剤(2)・・・大防風湯(ダイボウフウトウ)

 大防風湯(ダイボウフウトウ)も関節の腫脹や痛みに用いられます。
 本方に含まれる防風(ボウフウ)や羌活(キョウカツ)や四物湯(シモツトウ)の4生薬は疎経活血湯と共通しています(図3)。
 なおエキス製剤の大防風湯には日本薬局方規格の乾地黄(カンジオウ)が配合されていますが、加熱処理された熟地黄(ジュクジオウ)が相応しいという考えもあります。

 大防風湯は、冷えによる痛みを軽減する附子(ブシ)に加えて、胃腸虚弱を改善する人参(ニンジン)と黄耆(オウギ)を含みます。
 このことから、大防風湯疎経活血湯より体力が低下し栄養や筋肉量が不足した貧血・冷え症傾向の人の慢性の筋肉痛、関節痛、腰痛に適します。

~ちょっと一言:疎経活血湯(ソケイカッケツトウ)の応用

 疎経活血湯は、本方は、冷えると悪化する慢性的な筋肉や関節の腫れや痛み、しびれを、血流を調え温めて軽減する方剤です。 疎経活血湯を服用しながら養生してください。

 慢性の痛みの養生: 冷やさない(浴槽で温まる)、腰に負担のかかる姿勢(パソコン作業のように長く同じ姿勢)をとらない、などの生活習慣の見直しを心がけてください。

 痛いからといって過剰に安静にしていると筋肉が萎縮します。専門家の指導を受けて適度のストレッチと筋肉運動も取り入れてください。

(2018年7月12日公開)

あなたの街の漢方相談薬局・薬店へ
  • 前のページ「経活血湯(ソケイカッケツトウ)」

症状と漢方薬

(あ行)
アルツハイマー型認知症
アレルギー性鼻炎
胃食道逆流症
胃腸かぜ
胃腸虚弱
胃痛
胃もたれ
意欲の低下
イライラ
イライラ(産後)
インポテンツ
うつ感
円形脱毛症
おしっこの悩み(前立腺肥大)
(か行)
過活動膀胱
肩・首筋のこり
過敏性腸症候群
下部尿路症状
花粉症
関節痛(冷え症)
かんしゃく
乾燥肌
気うつ
気うつ(産後)
気管支炎
機能性ディスペプシア
月経周期の乱れ
月経痛(冷え症)
月経痛(冷えのぼせ症)
月経不順(周期の長短)
月経不順(血の道症)
月経前症候群(PMS)
げっぷ
下痢
下痢(ゲンノショウコ)
高血圧
高血糖
好酸球性副鼻腔炎
口内炎
後鼻漏
かぜ(風邪)
呼吸困難(COPD)
こじれた咳(感冒)
子どもがほしい
(さ行)
産後の回復不全
残尿感(前立腺肥大)
しもやけ
CFS(慢性疲労症候群)
COPD
女性不妊
暑気あたり
尋常性ざ瘡
頭重感
頭痛
ストレス胃
生理痛(冷え症)
生理痛(冷えのぼせ症)
生理不順(血の道症)
精力低下(男性)
せき(咳)
咳(こじれた感冒)
喘息
喘息(発作)
喘息(寛解)
前立腺肥大
GERD
(た行)
たん(痰)
男性更年期障害
男性不妊
蓄膿症
血の道症
手足口病
手足のしびれ(糖尿病)
動悸
凍瘡
糖尿病
(な行)
内臓脂肪症候群(糖尿病)
ながびく咳(感冒)
夏かぜ
夏バテ
2型糖尿病
にきび
尿意切迫
尿失禁
尿路結石
尿路不定愁訴
妊娠力をつけたい
認知症
脳血管性認知症
熱中症
のぼせ感
(は行)
肺気腫(COPD)
排尿困難(前立腺肥大)
排尿痛
鼻アレルギー
鼻かぜ
鼻づまり
鼻水
冷え症
冷えのぼせ症
鼻炎
肥満
肥満(糖尿病)
疲労
疲労感
疲労感(胃腸虚弱)
疲労感(栄養不足)
疲労感(産後)
疲労感(ストレス)
疲労感(寝不足)
疲労感(冷え)
頻尿
PMS(月経前症候群)
不安定膀胱
プール熱
腹痛
副鼻腔炎
婦人更年期障害
不眠
不眠(産後)
ヘルパンギーナ
便通異常
便秘
膀胱結石
(ま行)
マタニティー・ブルー
慢性胃炎
慢性気管支炎(COPD)
慢性の咳(COPD)
慢性閉塞性肺疾患
無月経
胸やけ
メタボリック・シンドローム(糖尿病)
めまい
(や行)
夜間頻尿(前立腺肥大)
抑うつ感
(ら行)
冷房下痢

漢方薬名の意味


TOP