漢方を知る

きぐすり.com は、漢方薬、女性の健康、サプリメント、ハーブの情報を専門家がやさしく解説しています。

病気の悩みを漢方で

症状と漢方薬

胃腸かぜの漢方

(1)胃腸かぜ

1.胃腸かぜ

胃腸かぜは、かぜ症状(さむけ・発熱、頭痛や鼻水、咳など)に加えて、はき気、嘔吐、食欲不振、腹痛、下痢などの胃腸症状を伴います。
 「冬かぜ」でも下痢を伴うことがありますが、とくに夏ばて気味で胃腸が弱っているときにひく「夏かぜ」は、吐き下し症状を伴うことが多いようです。

「夏かぜ」に関しては、夏かぜの漢方(1.胃腸症状)を参照してください。

2.胃腸かぜの症状に応じた方剤の使い分け

 胃腸かぜに用いられる方剤を図1に示しました。胃腸かぜの主な症状は吐き気と下痢です。
 ・吐き気、食欲不振には、半夏(ハンゲ)を含む柴胡桂枝湯(サイコケイシトウ)や、吐き気と下痢に適するカッ香正気散(カッコウショウキサン)が用いられます。
 ・下痢は、黄ゴン湯(オウゴントウ)の適応になります。

 胃腸かぜが長引くと便通異常や倦怠感を感じます。このような症状を軽減し体力を回復させるための方剤群を図1の黄色の枠内に例示しています。

3.柴胡桂枝湯(サイコケイシトウ)・・・頭重感、食欲不振、吐き気、腹痛

 柴胡桂枝湯(サイコケイシトウ)は、亜急性期のかぜに用いられます。微熟、さむけ、頭痛というかぜ症状と吐き気、食欲不振、上腹部のつかえ感、腹痛などの胃腸症状を伴う場合に適します。

 柴胡桂枝湯の配合生薬を図2に示しました。本方の構成は、
 ・胃腸虚弱者のかぜに用いられる桂枝湯(ケイシトウ:図2の下段の5生薬)と、
 ・微熱、吐き気、食欲不振を軽減する小柴胡湯(ショウサイコトウ:線で囲んだ7生薬)
からなります。

 柴胡桂枝湯に関しては、疲労感の漢方(2.胃腸虚弱と疲労感)ストレス胃(2.胃痛、腹痛)でも解説しています。

4.カッ香正気散(カッコウショウキサン)・・・食欲不振、嘔気、下痢

 カッ香正気散(カッコウショウキサン)は、吐き気と下痢を伴う夏の胃腸かぜに頻用される方剤です。とくに体が重く倦怠感を伴う場合に適します。

 カッ香正気散の配合生薬を図3に示しました。本方には、
 ・かぜ症状(頭痛・寒け)を軽減するカッ香(カッコウ)と蘇葉(ソヨウ)など上段左
   の3生薬と、
 ・胃腸症状(食欲不振、嘔気)を軽快する半夏(ハンゲ)、生姜(ショウキョウ)、茯苓(ブクリョウ)
   など中段の5生薬が基本になっています。

5.参蘇飲(ジンソイン)・・・胃腸虚弱者の嘔気、胃もたれ、咳を伴うかぜ

 参蘇飲(ジンソイン)はカッ香正気散の関連方剤です。両方剤の適応症状は、食欲不振、胃もたれ、嘔気、疲労感、重だるさは類似しますが、
 ・参蘇飲は胃腸虚弱傾向で痰を伴う長引く咳や肩首筋のこりを伴う場合に、
 ・カッ香正気散は、体が重く感じる人の吐き気や下痢傾向の時に用います。

 カッ香正気散参蘇飲に関しては、夏かぜの漢方(1.胃腸症状)も参照してください。

6.下痢を伴う胃腸かぜ

1)黄ゴン湯(オウゴントウ)は、かぜ初期のさむけや発熱とともに下痢や腹痛を伴う場合に用いられます。しぶり腹(残便感があり繰り返し腹痛を伴う下痢)や強い便臭や排ガスなどを伴うことがあります。
 本方の医療用製剤はノロウイルスによる感染性胃腸炎の激しい下痢に用いられています。

2) 葛根湯(カッコントウ)は、普通かぜ(肩こりかぜ)に用いられる基本方剤ですが、かぜ初期の下痢に用いられることもあります。
 吐き気を伴う場合は小半夏加茯苓湯(ショウハンゲカブクリョウトウ)のような半夏(ハンゲ)を含む方剤を併用します。

3)桂枝人参湯(ケイシニンジントウ)は、胃腸が弱い人がかぜをひいて、微熱、さむけ、 頭痛とともに下痢や腹痛を伴う場合に適します。

7.長引く胃腸かぜによる体力低下を補う方剤

 ここでは図1の黄色の枠内の方剤を解説します。
胃腸かぜが長引くと図5のイラストのように、食欲が低下し、だるさ、倦怠感を感じます。

1)補中益気湯(ホチュウエッキトウ)と関連方剤
   嘔吐下痢が長引いて疲労倦怠感、だるさが強くなったときには補中益気湯が適します。
 さらに、

  • 口渴や下痢を伴う場合には関連方剤の清暑益気湯(セイショエッキトウトウ)、
  • 胃もたれや食欲不振が顕著であれば六君子湯(リックンシトウ)、
  • 下痢傾向で食欲不振なら啓脾湯(ケイヒトウ)
などの適応にもなります。

2)桂枝加芍薬湯(ケイシカシャクヤクトウ)と関連方剤
 胃腸かぜで下痢が続くとは便通が乱れ、腹部膨満感が起きます。そのような時は桂枝加芍薬湯小建中湯(ショウケンチュウトウ)で便通を調えます。
 これらは、胃腸かぜという病名ではなく、全身の虚弱状態に応じて使い分けられます。漢方相談の場合には、いろいろな症状を詳しく話してください。

 なお、これらの方剤は以下の項目にも解説しています。
 補中益気湯六君子湯に関しては、疲労感の漢方(2.胃腸虚弱と疲労感)熱中症と夏ばて(2.夏ばて) 
 清暑益気湯に関しては、漢方薬名の意味(19.清暑益気湯)
 啓脾湯に関しては、漢方薬名の意味(5.啓脾湯)
 桂枝加芍薬湯小建中湯に関しては、便秘の漢方(5.小児の便秘)
を参照してください。

~ちょっと一言:嘔吐物や排泄物の適切な処理と養生が大切

 胃腸かぜの吐き気に用いられる柴胡桂枝湯(サイコケイシトウ)と下痢に用いられるカッ香正気散(カッコウショウキサン)を中心にして関連する方剤を紹介しました。

 胃腸かぜの対処法:
 出るものは、出す: 胃腸かぜの吐き下しは、ウイルスを排泄するための正常な防衛反応です。無理に止めるのではなく、すぐに出せるようにトイレの近くで待機してください。
 吐瀉物の処理: 胃腸かぜの嘔吐物や下痢便にはウイルスが含まれています。感染の拡大を防ぐために、素手で触らず、塩素系消毒剤で処理をして、適切に廃棄してください。
 市販されている約5%濃度の塩素系漂白剤20mLを水1Lで薄めると0.1%以上の塩素系漂白剤調製液になります。

発症後の養生: 仕事量を抑えてください。水分とミネラルを少しずつ補充し、温かくで消化のよいおかゆやうどんを少しずつ食べましょう。

(2017年9月11日公開)

あなたの街の漢方相談薬局・薬店へ

症状と漢方薬

(あ行)
アルツハイマー型認知症
アレルギー性鼻炎
胃食道逆流症
胃腸かぜ
胃腸虚弱
胃痛
胃もたれ
意欲の低下
イライラ
イライラ(産後)
インポテンツ
おしっこの悩み(前立腺肥大)
(か行)
過活動膀胱
かぜ(風邪)
肩・首筋のこり
過敏性腸症候群
下部尿路症状
花粉症
関節痛(冷え症)
感冒(首筋のこり)
感冒(頭重感)
感冒(頭痛)
感冒(ながびく咳)
感冒(のどの痛み)
感冒(吐き下し)
感冒(鼻風邪)
感冒(鼻水・くしゃみ)
感冒(ふしぶしの痛み)
気うつ
気うつ(産後)
気管支炎
機能性ディスペプシア
月経周期の乱れ
月経痛(冷え症)
月経痛(冷えのぼせ症)
月経不順(周期の長短)
月経不順(血の道症)
月経前症候群(PMS)
げっぷ
下痢
下痢(ゲンノショウコ)
高血圧
高血糖
好酸球性副鼻腔炎
口内炎
呼吸困難(COPD)
更年期障害(血の道症)
こじれた咳(感冒)
子どもがほしい
(さ行)
産後の回復不全
残尿感(前立腺肥大)
CFS(慢性疲労症候群)
COPD
女性不妊
暑気あたり
尋常性ざ瘡
頭重感
頭痛
ストレス胃
生理痛(冷え症)
生理痛(冷えのぼせ症)
生理不順(血の道症)
精力低下(男性)
せき(咳)
咳(こじれた感冒)
喘息
喘息(発作)
喘息(寛解)
前立腺肥大
GERD
(た行)
たん(痰)
男性不妊
蓄膿症
血の道症
手足口病
手足のしびれ(糖尿病)
動悸
糖尿病
(な行)
内臓脂肪症候群(糖尿病)
ながびく咳(感冒)
夏かぜ
夏バテ
2型糖尿病
にきび
尿意切迫
尿失禁
尿路結石
尿路不定愁訴
妊娠力をつけたい
認知症
脳血管性認知症
熱中症
のぼせ感
(は行)
肺気腫(COPD)
排尿困難(前立腺肥大)
排尿痛
鼻アレルギー
鼻かぜ
鼻づまり
鼻水
冷え症
冷えのぼせ症
鼻炎
肥満
肥満(糖尿病)
疲労
疲労感
疲労感(胃腸虚弱)
疲労感(栄養不足)
疲労感(産後)
疲労感(ストレス)
疲労感(寝不足)
疲労感(冷え)
頻尿
PMS(月経前症候群)
不安定膀胱
プール熱
腹痛
副鼻腔炎
婦人更年期障害(血の道症)
不眠
不眠(産後)
ヘルパンギーナ
便通異常
便秘
膀胱結石
(ま行)
マタニティー・ブルー
慢性胃炎
慢性気管支炎(COPD)
慢性の咳(COPD)
慢性閉塞性肺疾患
無月経
胸やけ
メタボリック・シンドローム(糖尿病)
めまい
(や行)
夜間頻尿(前立腺肥大)
(ら行)
冷房下痢

漢方薬名の意味


TOP