きぐすり.com は、漢方薬、女性の健康、サプリメント、ハーブの情報を専門家がやさしく解説しています。

病気の悩みを漢方で

症状と漢方薬

花粉症の漢方

(1)急性期の治療
(2)寛解期の治療

1.花粉症とアレルギー性鼻炎

  花粉症は花粉が抗原(アレルゲン)になって発症する「季節性」のアレルギー性疾患です。
 これに対して花粉以外のハウスダスト(家のホコリやダニの死がい)やペットの毛やカビなど年中身近にあるが抗原になる場合は「通年性」のアレルギー性鼻炎と呼びます(図1)。

 花粉症には
 ・鼻症状が主体のアレルギー性鼻炎と
 ・目のかゆみや充血を伴うアレルギー性結膜炎
が含まれます。
 今回は、花粉症の鼻炎症状を軽減する漢方方剤について解説し、次回に花粉症を予防する漢方方剤をとりあげます。

2.花粉症(季節性アレルギー性鼻炎)の発症の仕組みと治療

 花粉が鼻に侵入してから症状が発現する仕組みを図2に示しました。
 1)花粉を排除するために体内にIgE(アイジーイー)という抗体が作られて鼻や目の粘膜にある肥満細胞と結合します。
 2)花粉が飛散時期に再び侵入した花粉をIgE抗体が捕まえると、
 3)肥満細胞がヒスタミンなどの化学物質(ケミカルメディエーター)を遊離して鼻水を出し花粉を洗い流します。
この防御反応が過剰になった病態が花粉症です。

 花粉症の初期は鼻水くしゃみが主体ですが、花粉が繰り返し侵入すると上皮細胞に傷がつき(炎症が起き)鼻が腫れるため鼻づまりも起きます。
 花粉症の治療では各種の薬を組み合わせます(図2)。
 1)鼻汁、くしゃみが主体の場合は、抗アレルギー薬抗ヒスタミン薬
 2)鼻づまりが強い場合には抗ロイコトリ エン薬や鼻噴霧用ステロイド薬
が主に用いられます。

3.花粉症・アレルギー性鼻炎治療で確認したいこと

 花粉症の相談に際しては、以下のことを話してください。

これらは、適切な漢方製剤を選ぶ上で大切な情報になります。

 なお、市販の西洋薬をご希望の高齢者の方は、緑内障や前立腺肥大症の有無をお話ください(お聞きします)。それらの持病をもっておられる場合には第1世代の抗ヒスタミン薬やプソイドエフェドリンのような血管収縮薬を含まない製剤をお選びします。

4.小青竜湯(ショウセイリュウトウ)・・・花粉症(鼻水・くしゃみ)治療の基本方剤

 花粉症に伴う水様性の無色鼻水、くしゃみには小青竜湯(ショウセイリュウトウ)が頻用されます。
本方はかぜ初期の急性鼻炎にも用いられます。

 小青竜湯は、抗アレルギー薬や眠たくならない抗ヒスタミン薬に相当します。配合生薬の細辛(サイシン)、麻黄(マオウ)、桂皮(ケイヒ)、五味子(ゴミシ)などが本方の抗アレルギー作用に関与しています(図3)。

5.小青竜湯(ショウセイリュウトウ)の応用展開

 小青竜湯が花粉症の基本方剤ですが、適応領域を拡大するために種々の工夫がなされています。
 1)第2世代の抗ヒスタミン薬の先行投与: アレルギー症状の顕著な場合は第2世代の抗ヒスタミン薬を短期間使用した後に、小青竜湯を服用する。

2)抗アレルギー作用のある漢方製剤の併用: 麻黄附子細辛湯(マオウブシサイシントウ)と併用して小青竜湯の作用を強化。
3)抗炎症作用のある漢方製剤の併用: 麻杏甘石湯(マキョウカンセキトウ)や五虎湯(ゴコトウ)や桔梗石膏エキスと併用して小青竜湯の適応領域を拡大。

 小青竜湯のこのような応用展開は、急性鼻炎の治療と同様です。
鼻炎の漢方(1.急性鼻炎) で詳しく説明していますので参照してください。
 また小青竜湯麻黄附子細辛湯に関しては漢方薬名の意味(14 小青竜湯)も参照してください。

~ちょっと一言:花粉症の予防(セルフケア)

  花粉症の予防
 1)花粉をさける:  花粉の付着しにくいスベスベした生地の服装で出かけ、外出時はマスクをし、メガネ(花粉用のメガネもあります)、帽子を着用します。
    とくに晴れた日、風の強い日の外出は控えましょう。
 2)帰宅時の洗浄: 帰宅後すぐに手や顔、目、鼻を洗い、うがいをしてください。
 3)庭の雑草: 雑草の中にアレルゲン植物が多いので、こまめに刈り取りましょう。

 花粉症に毎年悩む人は、新聞やテレビやネットの花粉飛散予報を見て、飛散前から薬局を訪ねて相談してください。
 抗アレルギー作用のある小青竜湯は花粉飛散の少し前から服用すると飛散後の鼻症状が軽くなります。

あなたの街の漢方相談薬局・薬店へ

症状と漢方薬

(あ行)
アルツハイマー型認知症
アレルギー性鼻炎
胃食道逆流症
胃腸かぜ
胃腸虚弱
胃痛
胃もたれ
意欲の低下
イライラ
イライラ(産後)
インポテンツ
おしっこの悩み(前立腺肥大)
(か行)
過活動膀胱
かぜ(風邪)
肩・首筋のこり
過敏性腸症候群
下部尿路症状
花粉症
関節痛(冷え症)
感冒(首筋のこり)
感冒(頭重感)
感冒(頭痛)
感冒(ながびく咳)
感冒(のどの痛み)
感冒(吐き下し)
感冒(鼻風邪)
感冒(鼻水・くしゃみ)
感冒(ふしぶしの痛み)
気うつ
気うつ(産後)
気管支炎
機能性ディスペプシア
月経周期の乱れ
月経痛(冷え症)
月経痛(冷えのぼせ症)
月経不順(周期の長短)
月経不順(血の道症)
月経前症候群(PMS)
げっぷ
下痢
下痢(ゲンノショウコ)
高血圧
高血糖
好酸球性副鼻腔炎
口内炎
呼吸困難(COPD)
更年期障害(血の道症)
後鼻漏
こじれた咳(感冒)
子どもがほしい
(さ行)
産後の回復不全
残尿感(前立腺肥大)
CFS(慢性疲労症候群)
COPD
女性不妊
暑気あたり
尋常性ざ瘡
頭重感
頭痛
ストレス胃
生理痛(冷え症)
生理痛(冷えのぼせ症)
生理不順(血の道症)
精力低下(男性)
せき(咳)
咳(こじれた感冒)
喘息
喘息(発作)
喘息(寛解)
前立腺肥大
GERD
(た行)
たん(痰)
男性不妊
蓄膿症
血の道症
手足口病
手足のしびれ(糖尿病)
動悸
糖尿病
(な行)
内臓脂肪症候群(糖尿病)
ながびく咳(感冒)
夏かぜ
夏バテ
2型糖尿病
にきび
尿意切迫
尿失禁
尿路結石
尿路不定愁訴
妊娠力をつけたい
認知症
脳血管性認知症
熱中症
のぼせ感
(は行)
肺気腫(COPD)
排尿困難(前立腺肥大)
排尿痛
鼻アレルギー
鼻かぜ
鼻づまり
鼻水
冷え症
冷えのぼせ症
鼻炎
肥満
肥満(糖尿病)
疲労
疲労感
疲労感(胃腸虚弱)
疲労感(栄養不足)
疲労感(産後)
疲労感(ストレス)
疲労感(寝不足)
疲労感(冷え)
頻尿
PMS(月経前症候群)
不安定膀胱
プール熱
腹痛
副鼻腔炎
婦人更年期障害(血の道症)
不眠
不眠(産後)
ヘルパンギーナ
便通異常
便秘
膀胱結石
(ま行)
マタニティー・ブルー
慢性胃炎
慢性気管支炎(COPD)
慢性の咳(COPD)
慢性閉塞性肺疾患
無月経
胸やけ
メタボリック・シンドローム(糖尿病)
めまい
(や行)
夜間頻尿(前立腺肥大)
(ら行)
冷房下痢

漢方薬名の意味


TOP