漢方を知る

きぐすり.com は、漢方薬、女性の健康、サプリメント、ハーブの情報を専門家がやさしく解説しています。

病気の悩みを漢方で

漢方薬名の意味

1.五積散(ゴシャクサン)の謂われ・・・五種の病邪の積み重なりに用いる散剤

 五積散(ゴシャクサン)の(シャク)は停滞するという意味です。停滞する五種類の病邪とは、(キ)・(ケツ)・(タン)・(カン)・(ショク)です。

 なお、五臓(肝・心・脾・肺・腎)の機能の停滞という解釈もあるようです。

2.五積散の適応・・・冷えによって悪化する慢性の諸症状(腰痛、関節痛)

 一般用五積散製剤の【効能又は効果】には、体力中等度又は虚弱で、冷えがあるものの次の諸症:胃腸炎、腰痛、神経痛、関節痛、月経痛、頭痛、更年期障害、感冒。と多岐にわたる適応症が記載されています。

 これらの症状は寒冷刺激で悪化する傾向にあります。

 五積の中で、とくにが停滞して発症する腹部膨満感、嘔気、手足の冷え、腰痛、関節痛、神経痛、月経痛、腹痛に用いられることが多いようです。

 本方は、これらの症状に対する第一選択薬剤ではなく、高齢者の腰の冷えや痛みに対する常備薬的に連用されます。

3.五積散の配合生薬

 現在の日本で使用されている五積散(ゴシャクサン)には、15~18生薬を含む製剤があります。

 多くの生薬の中で配合比率の高いのは、次の5種類です。

   蒼朮(ソウジュツ)、茯苓(ブクリョウ) ・・・(スイ)の停滞を軽減(胃腸虚弱も調整)
   半夏(ハンゲ)、陳皮(チンピ) ・・・(タン)の停滞を軽減(食の停滞も軽減)
   当帰(トウキ) ・・・(ケツ)の停滞を軽減(冷え症も軽減)

それぞれ、五積(ゴシャク)の中の(スイ)、(タン)、(ケツ)を軽減する生薬です。

 青字で表記している生薬は、温める薬能を意味しています。

 五積散(ゴシャクサン)の配合量の多い生薬は、二陳湯(ニチントウ)や平胃散(ヘイイサン)の主な生薬です。このことから本方は胃腸機能調整を主体にしていると考えられます。

 当帰(トウキ)は当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)や四物湯(シモツトウ)などの主要生薬ですから、婦人科領域の冷えを伴う症状にも適する内容になっています。

4.五積散に含まれる関連方剤

 五積散(ゴシャクサン)の配合生薬を組み合わせて構成できる主な方剤は、以下のようです。このようなことから、本方は多岐にわたる症状に用いられます。

  ・桂枝湯(ケイシトウ) ・・・体力虚弱な人のかぜの初期症状。
  ・二陳湯(ニチントウ) ・・・悪心、嘔吐(胃部不快感)を伴う慢性胃炎。
  ・平胃散(ヘイイサン) ・・・胃もたれ、嘔気、下痢の傾向の急・慢性胃炎。
  ・苓姜朮甘湯(リョウキョウジュツカントウ) ・・・腰から下肢の冷えを伴うと腰痛、神経痛。
  ・苓桂朮甘湯(リョウケイジュツカントウ) ・・・めまい、立ちくらみ、のぼせや動悸、頭痛。
~ちょっと一言:五積散(ゴシャクサン)の応用

 五積散は、冷えによって引き起こされる多様な慢性の症状群に適する便利な漢方方剤です。胃腸を調える生薬の配合量が多いので、連用に適しています。

 エキス製剤は(冷水ではなく)温湯で服用するのがよいでしょう。

 この多様な症状に適することが五積散の特徴でありますが、個々の生薬の配合量が少なくなっていますので、症状の激しい場合には即効性(効果の切れ味)に欠けるという欠点にもなります。

 特定の症状に用いる場合には、他の方剤と組み合わせて用いられます。例えば、痛みの程度が強い場合には、腹痛なら芍薬甘草湯(シャクヤクカンゾウトウ)、関節痛なら附子(ブシ)末が併用されます。

あなたの街の漢方相談薬局・薬店へ
  • 前のページ「建中湯類(ケンチュウトウ ルイ)」

症状と漢方薬

(あ行)
アルツハイマー型認知症
アレルギー性鼻炎
胃食道逆流症
胃腸かぜ
胃腸虚弱
胃痛
胃もたれ
意欲の低下
イライラ
イライラ(産後)
インポテンツ
うつ感
円形脱毛症
おしっこの悩み(前立腺肥大)
(か行)
過活動膀胱
肩・首筋のこり
過敏性腸症候群
下部尿路症状
花粉症
関節痛(冷え症)
かんしゃく
乾燥肌
気うつ
気うつ(産後)
気管支炎
機能性ディスペプシア
月経周期の乱れ
月経痛(冷え症)
月経痛(冷えのぼせ症)
月経不順(周期の長短)
月経不順(血の道症)
月経前症候群(PMS)
げっぷ
下痢
下痢(ゲンノショウコ)
高血圧
高血糖
好酸球性副鼻腔炎
口内炎
後鼻漏
かぜ(風邪)
呼吸困難(COPD)
こじれた咳(感冒)
子どもがほしい
(さ行)
産後の回復不全
残尿感(前立腺肥大)
しもやけ
CFS(慢性疲労症候群)
COPD
女性不妊
暑気あたり
尋常性ざ瘡
頭重感
頭痛
ストレス胃
生理痛(冷え症)
生理痛(冷えのぼせ症)
生理不順(血の道症)
精力低下(男性)
せき(咳)
咳(こじれた感冒)
喘息
喘息(発作)
喘息(寛解)
前立腺肥大
GERD
(た行)
たん(痰)
男性更年期障害
男性不妊
蓄膿症
血の道症
手足口病
手足のしびれ(糖尿病)
動悸
凍瘡
糖尿病
(な行)
内臓脂肪症候群(糖尿病)
ながびく咳(感冒)
夏かぜ
夏バテ
2型糖尿病
にきび
尿意切迫
尿失禁
尿路結石
尿路不定愁訴
妊娠力をつけたい
認知症
脳血管性認知症
熱中症
のぼせ感
(は行)
肺気腫(COPD)
排尿困難(前立腺肥大)
排尿痛
鼻アレルギー
鼻かぜ
鼻づまり
鼻水
冷え症
冷えのぼせ症
鼻炎
肥満
肥満(糖尿病)
疲労
疲労感
疲労感(胃腸虚弱)
疲労感(栄養不足)
疲労感(産後)
疲労感(ストレス)
疲労感(寝不足)
疲労感(冷え)
頻尿
PMS(月経前症候群)
不安定膀胱
プール熱
腹痛
副鼻腔炎
婦人更年期障害
不眠
不眠(産後)
ヘルパンギーナ
便通異常
便秘
膀胱結石
(ま行)
マタニティー・ブルー
慢性胃炎
慢性気管支炎(COPD)
慢性の咳(COPD)
慢性閉塞性肺疾患
無月経
胸やけ
メタボリック・シンドローム(糖尿病)
めまい
(や行)
夜間頻尿(前立腺肥大)
抑うつ感
(ら行)
冷房下痢

漢方薬名の意味


TOP