きぐすり.com は、漢方薬、女性の健康、サプリメント、ハーブの情報を専門家がやさしく解説しています。

病気の悩みを漢方で

症状と漢方薬

不眠

不眠-その1:眠れない
不眠-その2:眼が覚める

1.不眠症

 「昼間に眠くて生活する上で支障のある病態」が不眠症です。睡眠の量や質に対する満足感は個人差があります。6時間程度の睡眠で十分な人もいるわけです。睡眠時間が6時間だから、自分は不眠症だと決めつけないでください。

不眠症

夜間の不眠で困っており、不眠のために日中に何らかの悪影響が出ている状態。

睡眠時間の長短ではなく、日中の活動に影響があるかないかが重要になっています。

2.不眠に対する漢方医療の眼

 漢方医学では図のように夕方以降に眠くなるのは、活動を担う体内の陽気が少なくなり、休息を担う陰気(陰液)が増加するからだと考えています。この陰陽の交代が乱れると不眠になります。寝付きが悪い入眠障害の原因は、陽気の過剰か、陰気(陰液)の不足が考えられます。

 これは現代医学の自律神経(交感神経と副交感神経)の日内リズムに類似しています。陽気が交感神経、陰気が副交感神経の機能に相当します。夜更かしする現代人はこの日内リズムが乱れるのです。

「陰陽論」を踏まえた目覚めと睡眠
※「陰陽論」を踏まえた目覚めと睡眠
 漢方医学では早朝に陽気が多くなって目覚め、夕方に陰気が多くなって休息する(眠くなる)と考えています。(上図の陰陽は6時と18時で明確に入れ替わるように描いていますが、実際は段階的に少しずつ入れ替わります。)

3.不眠(入眠障害)に対する漢方医療の眼

3.1)陽気過剰の入眠障害

陽気過剰の入眠障害の人のイメージ

 陽気の過剰はイライラ、怒り、のぼせ、興奮から判断します。

 OGさんのような状態には、黄連(オウレン)と山梔子(サンシシ)などを含む黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)が適します。便秘傾向であれば大黄(ダイオウ)を含む三黄瀉心湯(サンオウシャシントウ)を用います。

黄 連 山梔子三黄瀉心湯の配剤生薬の写真

3.2)陰気不足の入眠障害

  陰気不足は、疲労感、皮膚の乾燥、顔色の悪さから判断します。
  疲れすぎて寝付きが悪いときに用いるのが酸棗仁湯(サンソウニントウ)です。

サネブトナツメ サネブトナツメの植物線画 酸棗仁湯
酸棗仁湯の配剤生薬の写真
酸棗仁湯:
心身が疲れ、精神不安をともなう人の不眠症

 疲れて元気がなく、顔の色つやがなく、動悸や物忘れを伴う場合には酸棗仁に薬用人参や黄耆(オウギ)や竜眼肉(リュウガンニク)を含む帰脾湯(キヒトウ)が適します。

3.3)陽気過剰と陰気不足の併発した入眠障害

 3.1)項のイライラのぼせ(陽気過剰)と3.2)項の貧血傾向(陰気不足)の夾雑した入眠障害には抑肝散(ヨクカンサン)が適します。夜中に眼が覚める熟眠障害にも用います。抑肝散は認知症患者さんの興奮症状を軽減することで注目されています。

 抑肝散には柴胡(サイコ:ミシマサイコの根)や釣藤鈎(チョウトウコウ:カギカズラのとげ)が含まれています。

ミシマサイコの植物線画 釣藤鈎
抑肝散の配剤生薬写真
抑肝散:
神経が高ぶり、怒りやすくイライラする人の不眠症
(子どもの疳の虫、婦人更年期障害にも用いる)
情緒の変動が大きく疲労感を感じる人のイメージ

 イライラや怒り、気うつや不安感など、情緒の変動が大きく疲労感を感じるKSさんの寝付きの悪さには加味逍遙散(カミショウヨウサン)が適します。柴胡や山梔子や牡丹皮(ボタンピ:ボタンの根の皮)を含む処方です。

ボタン 牡丹皮
加味逍遙散の配剤生薬
加味逍遙散:
のぼせ感、肩こり 疲労感、不安感、いらだちを伴う人の不眠症
(婦人更年期障害にも用いる)

4.不眠に伴う症状をくわしく話してください。

 寝付きが悪い悩みに用いる生薬や漢方処方を解説しました。漢方相談の場合には、眠れない苦しみ以外に、頭痛、冷えのぼせ、疲労感、食欲などの症状や気分をくわしく話してください。あなたに適した処方を選ぶ指針になります。

 なお、睡眠時間に拘りすぎると、寝付きがわるくなります。眠る前に軽く読書をしたり、音楽を聴くなどリラックスする工夫をしてください。
また、昼寝の時間が長いと、寝付きが悪くなります。

~ちょっと一言:不眠の背景
  1. 疾患:気管支喘息、神経症、うつ病、統合失調症、…。
  2. 症状:咳き込み、かゆみ、発熱、夜間頻尿、下痢、痛み、…。
  3. 環境:騒音、明るさ、温度、湿度、…。
  4. 気持ち:不安、ゆううつ、心配、怒り、…。
  5. 薬物など:降圧剤、甲状腺治療薬、飲酒、コーヒー、…。

薬に頼る前に、不眠の原因を考えてください。

あなたの街の漢方相談薬局・薬店へ

症状と漢方薬

(あ行)
アルツハイマー型認知症
アレルギー性鼻炎
胃食道逆流症
胃腸かぜ
胃腸虚弱
胃痛
胃もたれ
意欲の低下
イライラ
イライラ(産後)
インポテンツ
うつ感
おしっこの悩み(前立腺肥大)
(か行)
過活動膀胱
肩・首筋のこり
過敏性腸症候群
下部尿路症状
花粉症
関節痛(冷え症)
かんしゃく
乾燥肌
気うつ
気うつ(産後)
気管支炎
機能性ディスペプシア
月経周期の乱れ
月経痛(冷え症)
月経痛(冷えのぼせ症)
月経不順(周期の長短)
月経不順(血の道症)
月経前症候群(PMS)
げっぷ
下痢
下痢(ゲンノショウコ)
高血圧
高血糖
好酸球性副鼻腔炎
口内炎
後鼻漏
かぜ(風邪)
呼吸困難(COPD)
こじれた咳(感冒)
子どもがほしい
(さ行)
産後の回復不全
残尿感(前立腺肥大)
しもやけ
CFS(慢性疲労症候群)
COPD
女性不妊
暑気あたり
尋常性ざ瘡
頭重感
頭痛
ストレス胃
生理痛(冷え症)
生理痛(冷えのぼせ症)
生理不順(血の道症)
精力低下(男性)
せき(咳)
咳(こじれた感冒)
喘息
喘息(発作)
喘息(寛解)
前立腺肥大
GERD
(た行)
たん(痰)
男性不妊
蓄膿症
血の道症
手足口病
手足のしびれ(糖尿病)
動悸
凍瘡
糖尿病
(な行)
内臓脂肪症候群(糖尿病)
ながびく咳(感冒)
夏かぜ
夏バテ
2型糖尿病
にきび
尿意切迫
尿失禁
尿路結石
尿路不定愁訴
妊娠力をつけたい
認知症
脳血管性認知症
熱中症
のぼせ感
(は行)
肺気腫(COPD)
排尿困難(前立腺肥大)
排尿痛
鼻アレルギー
鼻かぜ
鼻づまり
鼻水
冷え症
冷えのぼせ症
鼻炎
肥満
肥満(糖尿病)
疲労
疲労感
疲労感(胃腸虚弱)
疲労感(栄養不足)
疲労感(産後)
疲労感(ストレス)
疲労感(寝不足)
疲労感(冷え)
頻尿
PMS(月経前症候群)
不安定膀胱
プール熱
腹痛
副鼻腔炎
婦人更年期障害
不眠
不眠(産後)
ヘルパンギーナ
便通異常
便秘
膀胱結石
(ま行)
マタニティー・ブルー
慢性胃炎
慢性気管支炎(COPD)
慢性の咳(COPD)
慢性閉塞性肺疾患
無月経
胸やけ
メタボリック・シンドローム(糖尿病)
めまい
(や行)
夜間頻尿(前立腺肥大)
抑うつ感
(ら行)
冷房下痢

漢方薬名の意味


TOP