きぐすり.com は、漢方薬、女性の健康、サプリメント、ハーブの情報を専門家がやさしく解説しています。

病気の悩みを漢方で

症状と漢方薬

1.喘息発作期と発作後の咳嗽の治療

 喘息の咳き込んでいる状態(発作期)では、気管支が狭くなり、気管支から粘液分泌が高まることによって、喘鳴(ゼンメイ:ゼーゼー・ヒーヒーという呼気音)を伴い呼吸困難になります。

 喘息発作期には現代科学医療の発作治療薬が確実で優先的に使用されます。主に気管支拡張薬(短時間作用性β2刺激薬の吸入剤)が用いられ、呼吸困難を伴う大発作になればステロイド薬の注射も必要です。

 なお、喘鳴の程度が軽い咳喘息の咳き込みにも同様の治療薬が用いられます。

 漢方製剤は、軽度の発作や発作後の咳嗽に使用されます(図1)。

2.喘息の軽発作や発作後の咳嗽に用いられる麻黄剤(マオウザイ)

 喘息の軽度発作や発作後の咳嗽には麻黄(マオウ)を含む方剤が用いられます。麻黄には気管支を拡張して咳を鎮める鎮咳作用や抗アレルギー作用があります。

 この科学的な薬理作用を、漢方の薬能では平喘(ヘイゼン)といいます。

2.1) 麻杏甘石湯(マキョウカンセキトウ)と小青竜湯(ショウセイリュウトウ)

 麻杏甘石湯(マキョウカンセキトウ)は、やや粘稠の痰や口渇、呼吸困難を伴う咳嗽に適します。
 小青竜湯(ショウセイリュウトウ)は、水様性で泡のような痰の多い咳や喘鳴に適します。
 麻杏甘石湯小青竜湯に関しては、かぜ(風邪)(4.咳治療のまとめ)も参照してください。

※(医療用)小青竜湯製剤のエビデンス
(臨床研究)
 ・気管支喘息患者の痰の量や切れ、夜間睡眠の改善が認められた(β刺激薬の吸入回数が減少した例もある)。
(基礎研究)
 ・抗原誘発性の気道炎症を抑制する(この抗アレルギー作用には麻黄細辛五味子が寄与)。

2.2) 神秘湯(シンピトウ)

 神秘湯(シンピトウ)は、気うつ傾向の人の、痰は少なく息苦しい呼吸困難を伴う発作後の咳嗽に適します。

 本方は、
  ・咳止めに関与する麻黄(マオウ)と杏仁(キョウニン)、
  ・気うつ傾向を改善する柴胡(サイコ)、厚朴(コウボク)、蘇葉(ソヨウ)や陳皮(チンピ)を含む方剤です(図4)。


3.麦門冬湯(バクモンドウトウ)・・・喘息発作後咳嗽~寛解期に用いられる

 麦門冬湯(バクモンドウトウ)は、少量の切れにくい痰を伴う発作後の咳嗽に用いられます。のどや口および皮膚も乾燥傾向の人に適します。

 本方に関しては、かぜの漢方(3.長引く咳)COPD(慢性閉塞性肺疾患)の漢方も参照してください。

 本方には麻黄は含まれていませんが、麦門冬(バクモンドウ)や人参(ニンジン)で気道の潤いを保ち、気道炎症や咳感受性を軽減します。

 医療用の麦門冬湯製剤に関しては、咳感受性が亢進した気管支喘息に対する有用性が明らかにされています。

※(医療用)麦門冬湯製剤のエビデンス
(臨床研究)
 ・気管支喘息患者の咳感受性の亢進を有意に改善した。
(基礎研究)
 ・炎症性の咳誘発メディエーターを不活性化する酵素(neutral endopeptidase:NEP)を賦活して、過敏になっている咳感受性を軽減。
 ・気道の粘液分泌を抑制。

~ちょっと一言:喘息発作時の注意

 喘息発作が起きた時にはあわてずに、
1)息が苦しくて身動きがとれない発作であれば、すぐに医院・病院で受診してください。
2)上半身をほぼ90°に起こした状態で、枕やクッションを抱える前かがみの姿勢(起座位)をとり、腹式呼吸でゆっくりと息を吸い込むと少しは楽になります。
3)お医者さんから処方されている即効性のある発作治療薬を吸入します。
  適正に吸入できるように吸入器の使用に慣れてください。薬剤師さんに相談すれば使い方の指導を受けられます。

 麻黄(マオウ)配合剤と西洋医学の発作治療薬との併用に注意
 小青竜湯(ショウセイリュウトウ)など麻黄を含む漢方製剤は、テオフィリン製剤(商品名:テオドールなど)との併用すると動悸や精神興奮が強くなることがあります。
 麻黄剤と西洋医学の発作治療薬を併用するときには、薬剤師さんに相談してください。

あなたの街の漢方相談薬局・薬店へ
  • 前のページ「(1)基礎知識」

症状と漢方薬

(あ行)
アルツハイマー型認知症
アレルギー性鼻炎
胃食道逆流症
胃腸かぜ
胃腸虚弱
胃痛
胃もたれ
意欲の低下
イライラ
イライラ(産後)
インポテンツ
うつ感
おしっこの悩み(前立腺肥大)
(か行)
過活動膀胱
肩・首筋のこり
過敏性腸症候群
下部尿路症状
花粉症
関節痛(冷え症)
かんしゃく
乾燥肌
気うつ
気うつ(産後)
気管支炎
機能性ディスペプシア
月経周期の乱れ
月経痛(冷え症)
月経痛(冷えのぼせ症)
月経不順(周期の長短)
月経不順(血の道症)
月経前症候群(PMS)
げっぷ
下痢
下痢(ゲンノショウコ)
高血圧
高血糖
好酸球性副鼻腔炎
口内炎
後鼻漏
かぜ(風邪)
呼吸困難(COPD)
こじれた咳(感冒)
子どもがほしい
(さ行)
産後の回復不全
残尿感(前立腺肥大)
しもやけ
CFS(慢性疲労症候群)
COPD
女性不妊
暑気あたり
尋常性ざ瘡
頭重感
頭痛
ストレス胃
生理痛(冷え症)
生理痛(冷えのぼせ症)
生理不順(血の道症)
精力低下(男性)
せき(咳)
咳(こじれた感冒)
喘息
喘息(発作)
喘息(寛解)
前立腺肥大
GERD
(た行)
たん(痰)
男性不妊
蓄膿症
血の道症
手足口病
手足のしびれ(糖尿病)
動悸
凍瘡
糖尿病
(な行)
内臓脂肪症候群(糖尿病)
ながびく咳(感冒)
夏かぜ
夏バテ
2型糖尿病
にきび
尿意切迫
尿失禁
尿路結石
尿路不定愁訴
妊娠力をつけたい
認知症
脳血管性認知症
熱中症
のぼせ感
(は行)
肺気腫(COPD)
排尿困難(前立腺肥大)
排尿痛
鼻アレルギー
鼻かぜ
鼻づまり
鼻水
冷え症
冷えのぼせ症
鼻炎
肥満
肥満(糖尿病)
疲労
疲労感
疲労感(胃腸虚弱)
疲労感(栄養不足)
疲労感(産後)
疲労感(ストレス)
疲労感(寝不足)
疲労感(冷え)
頻尿
PMS(月経前症候群)
不安定膀胱
プール熱
腹痛
副鼻腔炎
婦人更年期障害
不眠
不眠(産後)
ヘルパンギーナ
便通異常
便秘
膀胱結石
(ま行)
マタニティー・ブルー
慢性胃炎
慢性気管支炎(COPD)
慢性の咳(COPD)
慢性閉塞性肺疾患
無月経
胸やけ
メタボリック・シンドローム(糖尿病)
めまい
(や行)
夜間頻尿(前立腺肥大)
抑うつ感
(ら行)
冷房下痢

漢方薬名の意味


TOP