きぐすり.com は、漢方薬、女性の健康、サプリメント、ハーブの情報を専門家がやさしく解説しています。

病気の悩みを漢方で

症状と漢方薬

1.胃腸虚弱と疲労感

 疲労感と倦怠感(だるさ)を伴う慢性消耗性の病態を漢方では、虚労(キョロウ)といいます。も身体の体力や生理機能の低下状態(虚証キョショウ)を意味します。
 虚証には、(キ)・(ケツ)・(スイ:津液シンエキ)それぞれの不足があります。ここではまず、胃腸虚弱や消化吸収機能の低下した気虚(キキョ)による疲労感を調整する補気剤(ホキザイ)を紹介します。

2.補中益気湯(ホチュウエッキトウ)・・・だるさと意欲の低下を伴う疲労感

 補中益気湯(ホチュウエッキトウ)は疲労感と倦怠感に用いられる代表的な方剤です。
 方剤名は、「(チュウ:おなか)の機能を補い、(キ:消化吸収機能)の不足を益す」という効能に由来します。
 本方は、胃腸の働きが衰えて食が細く、意欲がなく、疲れやすく、手足がだるく、かぜが長引いて微熱や寝汗があり、すっきりしない状態に用いられます。

 補中益気湯は、以下の項目で解説しています。参考にしてください。
 ・過活動膀胱
 ・気うつ・意欲の低下
 ・COPD(慢性閉塞性肺疾患)の漢方
 ・熱中症・夏ばて(2.夏ばて)
 ・不妊(2.男性不妊)

 医療用の補中益気湯製剤は、病中病後やがん治療に伴う疲労倦怠感などの虚弱状態や、微熱や免疫機能の低下を伴う慢性疲労症候群に用いられています。

3.清暑益気湯(セイショエッキトウ)・・・口渇、口腔の乾燥感を伴う疲労感

 清暑益気湯(セイショエッキトウ)は、補中益気湯と同様に胃腸機能を調える人参(ニンジン)と黄耆(オウギ)を含む補気剤(ホキザイ)です。
 方剤名から類推できるように、本方は「暑気中り(夏ばて)」のほてりや発汗後の水分不足状態(口渇、口腔内の乾燥感)を伴う疲労感や食欲不振に使用されます。
 本方については熱中症・夏ばての漢方を参照してください。

4.六君子湯(リックンシトウ)・・・胃もたれ・嘔気を伴う疲労感

 六君子湯(リックンシトウ)は、胃腸が弱く食欲がなく、食後の上腹部の停滞感(胃もたれ)、むかつき、食後の眠気、手足の冷えを伴う疲労感に用いられます。

 六君子湯人参(ニンジン)を含み、適応病態の疲労感や食欲不振、胃下垂症などは補中益気湯の適応病態に類似しますが、胃もたれや嘔気など上腹部の愁訴が顕著なことが異なります。
 この適応病態の相違は、六君子湯半夏(ハンゲ)や茯苓(ブクリョウ)が含まれていることと対応します(図3)。
 なお六君子湯の解説は、
ストレス胃(3.胃もたれ)
熱中症と夏ばて(2.夏ばて)
にもあります。参照してください。

5.黄耆建中湯(オウギケンチュウトウ)・・・腹痛や腹部膨満感を伴う疲労感

 黄耆建中湯(オウギケンチュウトウ)は、補中益気湯と同様に「(チュウ:おなか)」を調える黄耆(オウギ)を含む補気剤(ホキザイ)です。
 さらに栄養剤であり緩下剤でもある膠飴(コウイ:水飴、麦芽糖)と、筋肉の緊張を和らげる芍薬(シャクヤク)を含みます。

 黄耆建中湯の適応病態の中で、疲労倦怠感、気力減退、胃腸虚弱、食欲不振、ねあせ などは補中益気湯の適応病態に類似しますが、腹痛や過敏性腸症候群のような便通不定といった筋肉の緊張傾向を伴うことが異なります。

 黄耆建中湯は、小児の胃腸虚弱や皮膚や呼吸器疾患(アトピー性皮膚炎や気管支喘息)の体質改善に用いられています。
 本方に関しては、漢方薬名の意味(6.建中湯類)を参照してください。

6.柴胡桂枝湯(サイコケイシトウ)・・・胃痛や嘔気・頭痛を伴う疲労感

 柴胡桂枝湯(サイコケイシトウ)は、補中益気湯と同様に胃腸機能を調える人参(ニンジン)と 免疫機能を調える柴胡(サイコ)を含む方剤です。

 柴胡桂枝湯は、かぜの亜急性期以降の、食欲不振、はきけ、口内の粘り感や苦味、舌の白苔、微熱、頭痛などに用いられます。この熱証傾向と胃痛(心窩部痛)と伴う点で補中益気湯の適応病態と異なります。

 柴胡桂枝湯は、建中湯類(ケンチュウトウ ルイ)と同様に、胃腸が弱くかぜをひきやすく、アトピー疾患に悩む虚弱児のいわゆる体質改善薬として用いられます。
 本方に関しては、ストレス胃(2.胃痛、腹痛)にも解説があります。参照してください。

~ちょっと一言:胃腸虚弱による疲労感、まず食べる。

 ここでは胃腸虚弱に伴う疲労倦怠感を調整する補中益気湯(ホチュウエッキトウ)をはじめとする補気剤を(ホキザイ)紹介しました。これらは消化吸収機能を高める薬剤であり、食養・食療と組み合わせることで意味があります。
 疲労倦怠感には豚肉がよいと言われます。豚肉を食べる気になる胃腸状状態にするのが補気剤の役割です。
 豚肉以外にも鶏肉、かつお節、大豆、いんげん豆にも疲れに効くビタミンB1が多いようです。食が進むように酸味のある梅肉やトマトを併せるなど調理法を工夫してください。

あなたの街の漢方相談薬局・薬店へ
  • 前のページ「疲労感の基礎知識」

症状と漢方薬

(あ行)
アルツハイマー型認知症
アレルギー性鼻炎
胃食道逆流症
胃腸かぜ
胃腸虚弱
胃痛
胃もたれ
意欲の低下
イライラ
イライラ(産後)
インポテンツ
うつ感
おしっこの悩み(前立腺肥大)
(か行)
過活動膀胱
肩・首筋のこり
過敏性腸症候群
下部尿路症状
花粉症
関節痛(冷え症)
かんしゃく
乾燥肌
気うつ
気うつ(産後)
気管支炎
機能性ディスペプシア
月経周期の乱れ
月経痛(冷え症)
月経痛(冷えのぼせ症)
月経不順(周期の長短)
月経不順(血の道症)
月経前症候群(PMS)
げっぷ
下痢
下痢(ゲンノショウコ)
高血圧
高血糖
好酸球性副鼻腔炎
口内炎
後鼻漏
かぜ(風邪)
呼吸困難(COPD)
こじれた咳(感冒)
子どもがほしい
(さ行)
産後の回復不全
残尿感(前立腺肥大)
しもやけ
CFS(慢性疲労症候群)
COPD
女性不妊
暑気あたり
尋常性ざ瘡
頭重感
頭痛
ストレス胃
生理痛(冷え症)
生理痛(冷えのぼせ症)
生理不順(血の道症)
精力低下(男性)
せき(咳)
咳(こじれた感冒)
喘息
喘息(発作)
喘息(寛解)
前立腺肥大
GERD
(た行)
たん(痰)
男性不妊
蓄膿症
血の道症
手足口病
手足のしびれ(糖尿病)
動悸
凍瘡
糖尿病
(な行)
内臓脂肪症候群(糖尿病)
ながびく咳(感冒)
夏かぜ
夏バテ
2型糖尿病
にきび
尿意切迫
尿失禁
尿路結石
尿路不定愁訴
妊娠力をつけたい
認知症
脳血管性認知症
熱中症
のぼせ感
(は行)
肺気腫(COPD)
排尿困難(前立腺肥大)
排尿痛
鼻アレルギー
鼻かぜ
鼻づまり
鼻水
冷え症
冷えのぼせ症
鼻炎
肥満
肥満(糖尿病)
疲労
疲労感
疲労感(胃腸虚弱)
疲労感(栄養不足)
疲労感(産後)
疲労感(ストレス)
疲労感(寝不足)
疲労感(冷え)
頻尿
PMS(月経前症候群)
不安定膀胱
プール熱
腹痛
副鼻腔炎
婦人更年期障害
不眠
不眠(産後)
ヘルパンギーナ
便通異常
便秘
膀胱結石
(ま行)
マタニティー・ブルー
慢性胃炎
慢性気管支炎(COPD)
慢性の咳(COPD)
慢性閉塞性肺疾患
無月経
胸やけ
メタボリック・シンドローム(糖尿病)
めまい
(や行)
夜間頻尿(前立腺肥大)
抑うつ感
(ら行)
冷房下痢

漢方薬名の意味


TOP