きぐすり.com は、漢方薬、女性の健康、サプリメント、ハーブの情報を専門家がやさしく解説しています。

病気の悩みを漢方で

漢方医療とは

1.薬物治療の論理

 薬物治療では、診察・診断を経て「論理的に」薬物が選ばれます。

  • 科学医療は検査で疾患を解析し、病名を診断して化学薬品を選びます。
  • 漢方医療は患者さんの個性を直観し、悩みを対話で聞き出し、漢方医学の病態
  • を証(ショウ)として判断し、その時点に適切な生薬や処方を選びます。

 西洋医学の病名に相当する診断を漢方医学では証というわけです。

2.漢方医学の診断(証ショウ)

 漢方医学の診断(証)は、患者の病態(個性や症状)を漢方医学の基本概念で整理して、「その人」の「その時点」に適切な生薬や処方を決める診断です。証診断は以下のような項目が含まれます。

3.虚証と実証、陽証(熱証)と陰証(寒証)

 証(漢方医学の病態)は、どのような人の、どのような症状か、を見て対話して診断することから始まります。

 虚証(キョショウ)か実証(ジツショウ)、陽証(ヨウショウ)か陰証(インショウ)かを診ることです。なお陽証は熱証(ネツショウ)、陰証は寒証(カンショウ)ともいいます。

 この陽実証陰虚証のイメージを総論(2)で紹介した動悸に悩むOGさんとTSさんを例にして、説明します。

 陽実証のOGさんは、

  • のぼせて興奮気味で、脂ぎって赤い顔で、冷たい飲み物を好む「陽証(熱証)」と
  • 体力に自信があり、積極的に行動し、胃腸に大きな障害がなく食欲旺盛で「早食い」の傾向のある「実証」を併発している病態です。

 陰虚証のTSさんは、

  • 全身や腰下肢が冷え症気味で、青白い顔で、温かい飲み物を好む「陰証(寒証)」と
  • 体力に自信がなく、消極的に行動し、胃腸虚弱で「少食」の傾向のある「虚証」を併発している病態です。

4.黄連解毒湯証と当帰芍薬散証

 漢方の証は、その時点で決めた処方名で表現されます。

 図の右上に描いた陽実証のOGさんが動悸に悩む病態は

  • 抗病力があり、激しく反応している「実証」で、
  • 顔面紅潮しのぼせてイライラして冷たい飲み物を好む「熱証」です。

 この診断から、黄連解毒湯証(オウレンゲドクトウショウ)と診断されます。これはOGさんが黄連解毒湯の適応する病態であるという診断です。

 図の左下に描いた陰虚証のTSさんが動悸に苦しむ病態は

  • 抗病力が弱く、無理がきかず疲れやすい「虚証」で
  • 全身や手足が冷えて温かい飲み物を好む「寒証」です。

 この診断から、当帰芍薬散証(トウキシャクヤクサンショウ)と診断されます。これはTSさんが当帰芍薬散で体力を補い身体を温めれば動悸が軽減できる病態であるという判断です。

 漢方の診断は、図のような座標軸を想定して患者さんの体力の余力の程度(虚証実証)や冷えやのぼせの程度(寒証熱証)を判断し、治療薬を決めているのです。

~ちょっと一言:漢方医療と民間療法

 このように漢方医療には、西洋科学医療と同じように、診断から薬物を選ぶ「論理」があります。
 これと比べて民間療法はこの薬物治療の論理が十分ではありません。これが漢方医療と民間療法との相違点です。

  • 前のページ「総論(2)」

症状と漢方薬

(あ行)
アルツハイマー型認知症
アレルギー性鼻炎
胃食道逆流症
胃腸かぜ
胃腸虚弱
胃痛
胃もたれ
意欲の低下
イライラ
イライラ(産後)
インポテンツ
うつ感
おしっこの悩み(前立腺肥大)
(か行)
過活動膀胱
肩・首筋のこり
過敏性腸症候群
下部尿路症状
花粉症
関節痛(冷え症)
かんしゃく
乾燥肌
気うつ
気うつ(産後)
気管支炎
機能性ディスペプシア
月経周期の乱れ
月経痛(冷え症)
月経痛(冷えのぼせ症)
月経不順(周期の長短)
月経不順(血の道症)
月経前症候群(PMS)
げっぷ
下痢
下痢(ゲンノショウコ)
高血圧
高血糖
好酸球性副鼻腔炎
口内炎
後鼻漏
かぜ(風邪)
呼吸困難(COPD)
こじれた咳(感冒)
子どもがほしい
(さ行)
産後の回復不全
残尿感(前立腺肥大)
しもやけ
CFS(慢性疲労症候群)
COPD
女性不妊
暑気あたり
尋常性ざ瘡
頭重感
頭痛
ストレス胃
生理痛(冷え症)
生理痛(冷えのぼせ症)
生理不順(血の道症)
精力低下(男性)
せき(咳)
咳(こじれた感冒)
喘息
喘息(発作)
喘息(寛解)
前立腺肥大
GERD
(た行)
たん(痰)
男性不妊
蓄膿症
血の道症
手足口病
手足のしびれ(糖尿病)
動悸
凍瘡
糖尿病
(な行)
内臓脂肪症候群(糖尿病)
ながびく咳(感冒)
夏かぜ
夏バテ
2型糖尿病
にきび
尿意切迫
尿失禁
尿路結石
尿路不定愁訴
妊娠力をつけたい
認知症
脳血管性認知症
熱中症
のぼせ感
(は行)
肺気腫(COPD)
排尿困難(前立腺肥大)
排尿痛
鼻アレルギー
鼻かぜ
鼻づまり
鼻水
冷え症
冷えのぼせ症
鼻炎
肥満
肥満(糖尿病)
疲労
疲労感
疲労感(胃腸虚弱)
疲労感(栄養不足)
疲労感(産後)
疲労感(ストレス)
疲労感(寝不足)
疲労感(冷え)
頻尿
PMS(月経前症候群)
不安定膀胱
プール熱
腹痛
副鼻腔炎
婦人更年期障害
不眠
不眠(産後)
ヘルパンギーナ
便通異常
便秘
膀胱結石
(ま行)
マタニティー・ブルー
慢性胃炎
慢性気管支炎(COPD)
慢性の咳(COPD)
慢性閉塞性肺疾患
無月経
胸やけ
メタボリック・シンドローム(糖尿病)
めまい
(や行)
夜間頻尿(前立腺肥大)
抑うつ感
(ら行)
冷房下痢

漢方薬名の意味


TOP