きぐすり.com は、漢方薬、女性の健康、サプリメント、ハーブの情報を専門家がやさしく解説しています。

病気の悩みを漢方で

症状と漢方薬

めまい

高血圧と肩こりに伴う「めまい」
低血圧と胃腸虚弱に伴う「めまい」

1.色々な疾患に伴う「めまい」

 めまいは頭痛や肩こりと同じように色々な疾患に伴います。ですから「めまいに●▲湯」という簡単な仕組みにはなっていません。体質や体調すなわち漢方医学的な診方(診断)に応じて各種の生薬や漢方処方を使い分けます。

 一般の人に分かりやすいのは、血圧の高い場合と低い場合と連携して考えることです。

2.血圧が高く興奮傾向の人の「めまい」

顔面が紅潮し、時間に追われて焦っている状態のイメージ

 OGさんは、体力に余裕があり顔面が紅潮し、時間に追われて焦っている状態のイメージです。

 このような高血圧傾向の人の「めまい」やイライラには、黄連(オウレン)と山梔子(サンシシ)を基本とする黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)の適応です。

 同じ状態で便秘傾向が顕著であれば、大黄(ダイオウ)を含む関連処方の三黄瀉心湯(サンオウシャシントウ)を短期間に服用(頓服:トンプク)する場合があります。


三黄瀉心湯と黄連解毒湯の配剤生薬の写真
オウレンコガネバナ

 更年期の肥満した婦人の興奮傾向や冷えのぼせに伴う「めまい」には、大黄と桃仁(トウニン)を含む桃核承気湯(トウカクジョウキトウ)を用います。

桃仁 モモ

3.血圧が高く、その変動を気にする不安感傾向の人の「めまい」

不安になって気うつになり、眠れない状態のイメージ

 SRさんは、体力に余裕があり、時間に追われて不安になって気うつになり、眠れない状態のイメージです。

 このような高血圧傾向の人の「めまい」や心悸亢進には、柴胡(サイコ)と竜骨(リュウコツ)と牡蛎(ボレイ)を基本とする柴胡加竜骨牡蛎湯(サイコカリュウコツボレイトウ)の適応です。

  • 大柴胡湯と柴胡加竜骨牡蛎湯の構成生薬
  • 竜骨
  • 牡蛎
  • 柴胡
  • ミシマサイコ

4.血圧が高く、かんしゃく傾向の人の「めまい」

「かんしゃく」傾向で、耳鳴り、「めまい」を伴う患者さんが悩む頭痛イメージ

 CHさんは普通程度の体力の人で「かんしゃく」傾向で、耳鳴り、「めまい」を伴う患者さんが悩む頭痛イメージです。

 釣藤鈎(チョウトウコウ)と菊花(キクカ)を基本とする釣藤散(チョウトウサン)の適応になります。本方は軽度の認知症の進展を遅らせる効果が明らかになり注目されています。釣藤鈎がその 作用の一部を担っています。

 この処方が適する人は午前中の頭痛に悩みます。頭痛には配剤されている菊花(キクカ)が有効だといわれています。

釣藤鈎 キク

 肥満し、便秘して腹部膨満感やかんしゃく傾向であれば、大黄や枳実を含む大柴胡湯(ダイサイコトウ)が適します。
 部下を叱責しているDSさんは、高血圧や脳溢血に要注意です。「めまい」はそれを予告する症状です。

ダイオウ

5.血圧の高い高齢者の頭痛やのぼせに伴う「めまい」

 気むずかしく頑固で、動脈硬化症が進んだ(最低血圧の高い)高齢者の「めまい」には、七物降下湯(シチモツコウカトウ)が適します。下半身は冷え、顔はのぼせる状態を軽減します。
 乾燥傾向の皮膚は配剤されている地黄(ジオウ)で改善されます。

七物降下湯の配剤生薬の写真 アカヤジオウ

6.「めまい」に対する漢方医学の考え方

 漢方医学では「気・血・水」の失調で病態を考えます。
 血圧の高い人のイライラ、焦り、かんしゃくは気滞(キタイ)と診断し、大黄、黄連、柴胡、釣藤鈎を含む処方を考えます。

 高脂質血症でいわゆる「血液ネバネバ」状態はお血(オケツ)と診断し、大黄、桃仁、牡丹皮(ボタンピ)を含む処方が適します。

 このように体質や症状から漢方医学の病態を考えて適切な漢方処方を選ぶことが漢方医療です。そのために、患者さんが「めまい」以外の色々な症状を話してくださることが必要です。

~ちょっと一言:高血圧に伴う「めまい」の予防

 一般的な高血圧の予防と同じです。トマト、セロリなど野菜、海草、魚、かき(牡蛎)、あさり、を薄味で調理して食べることです。
 カルシウムを含む小魚なども予防に適します。

あなたの街の漢方相談薬局・薬店へ

症状と漢方薬

(あ行)
アルツハイマー型認知症
アレルギー性鼻炎
胃食道逆流症
胃腸かぜ
胃腸虚弱
胃痛
胃もたれ
意欲の低下
イライラ
イライラ(産後)
インポテンツ
うつ感
おしっこの悩み(前立腺肥大)
(か行)
過活動膀胱
肩・首筋のこり
過敏性腸症候群
下部尿路症状
花粉症
関節痛(冷え症)
かんしゃく
乾燥肌
気うつ
気うつ(産後)
気管支炎
機能性ディスペプシア
月経周期の乱れ
月経痛(冷え症)
月経痛(冷えのぼせ症)
月経不順(周期の長短)
月経不順(血の道症)
月経前症候群(PMS)
げっぷ
下痢
下痢(ゲンノショウコ)
高血圧
高血糖
好酸球性副鼻腔炎
口内炎
後鼻漏
かぜ(風邪)
呼吸困難(COPD)
こじれた咳(感冒)
子どもがほしい
(さ行)
産後の回復不全
残尿感(前立腺肥大)
しもやけ
CFS(慢性疲労症候群)
COPD
女性不妊
暑気あたり
尋常性ざ瘡
頭重感
頭痛
ストレス胃
生理痛(冷え症)
生理痛(冷えのぼせ症)
生理不順(血の道症)
精力低下(男性)
せき(咳)
咳(こじれた感冒)
喘息
喘息(発作)
喘息(寛解)
前立腺肥大
GERD
(た行)
たん(痰)
男性不妊
蓄膿症
血の道症
手足口病
手足のしびれ(糖尿病)
動悸
凍瘡
糖尿病
(な行)
内臓脂肪症候群(糖尿病)
ながびく咳(感冒)
夏かぜ
夏バテ
2型糖尿病
にきび
尿意切迫
尿失禁
尿路結石
尿路不定愁訴
妊娠力をつけたい
認知症
脳血管性認知症
熱中症
のぼせ感
(は行)
肺気腫(COPD)
排尿困難(前立腺肥大)
排尿痛
鼻アレルギー
鼻かぜ
鼻づまり
鼻水
冷え症
冷えのぼせ症
鼻炎
肥満
肥満(糖尿病)
疲労
疲労感
疲労感(胃腸虚弱)
疲労感(栄養不足)
疲労感(産後)
疲労感(ストレス)
疲労感(寝不足)
疲労感(冷え)
頻尿
PMS(月経前症候群)
不安定膀胱
プール熱
腹痛
副鼻腔炎
婦人更年期障害
不眠
不眠(産後)
ヘルパンギーナ
便通異常
便秘
膀胱結石
(ま行)
マタニティー・ブルー
慢性胃炎
慢性気管支炎(COPD)
慢性の咳(COPD)
慢性閉塞性肺疾患
無月経
胸やけ
メタボリック・シンドローム(糖尿病)
めまい
(や行)
夜間頻尿(前立腺肥大)
抑うつ感
(ら行)
冷房下痢

漢方薬名の意味


TOP