きぐすり.com は、漢方薬、女性の健康、サプリメント、ハーブの情報を専門家がやさしく解説しています。

病気の悩みを漢方で

漢方医療とは

1.漢方医学の五臓

 漢方医学の五臓は「肝・心・脾・肺・腎」です。五臓の機能の一部は西洋医学の内臓に相当しますが、それぞれの五臓が精神活動(思考や感情)の役割を配当している点で西洋医学の考え方と異なっています。

 漢方医学の五臓は、それぞれが気血水を生成貯蔵し、恒常性維持機構(抗病力)を担っています。とくに、(消化機能と気血の生成)、(情緒や自律神経機能)、(成長と生殖機能)が重要です。

五臓の機能の概要

2.漢方医学の五臓と心身一如

 漢方医療の特徴の一つに心身一如(シンシンイチニョ)があります。
心(こころ、気持ち・感情)と身体の機能は相互に関連し一体であるという考え方です。

 この心身一如を支えているのが漢方医学の五臓です。
現代のストレスによる症状と関係するのは(カン)です。

 右のイラストは、疳の虫で不機嫌な子供の対応でイライラしたり、困ったりしているお母さんの様子です。

 このような時に子供とお母さんの双方に抑肝散(ヨクカンサン)を用います。

 抑肝散の処方名は(カン)の異常(肝気鬱結 カンキウッケツ)によるイライラなどを抑制する薬能に由来します。本方は、
 子供の「疳の虫」、ひきつけ(憤怒痙攣)、チック、歯ぎしり、
 神経が高ぶり怒りや不眠を伴う婦人更年期障害
に適用されます。

3.高齢者の諸症状と腎虚証(ジンキョショウ)

 五臓と関連深い例として高齢者が悩む諸症状があげられます。以下のような症状は、漢方医学のの機能低下(腎虚証)と関連しています。

 とくに排尿異常や精力減退などの生殖泌尿器系の症状を伴う高齢者の虚弱状態には八味地黄丸(ハチミジオウガン)が、が用いられています。補腎(ホジン)薬の地黄(ジオウ)と附子(ブシ)を含む処方です。

補腎薬の附子と地黄 八味地黄丸料の配合生薬

4.漢方医学の五臓の有用性

 漢方医学の五臓と気血水の理論には、現代医学の解剖学や生理学と相容れない理屈が含まれています。

 しかしながら疲労感や虚弱状態、さらに自律神経失調症や婦人更年期障害など心理社会的因子(ストレス)の関与の大きな心身症の医療では、五臓や気血水の漢方理論は治療薬を選ぶ手がかりになります。

~ちょっと一言:肝腎要(カンジンカナメ)・肝要(カンヨウ)

五臓の肝(キモ)は、日常の言葉に残っています。

  • 肝(キモ)が据わる、肝が大きい…物事に動じないこと、物怖じしない。
  • 肝に銘じる…深く心にきざみつけるように記憶する。
  • 肝を冷やす…驚き恐れる。
  • 肝腎要(カンジンカナメ)…大切なこと。漢方で肝と腎が大切なことに由来。同様に大切なことを「肝要(カンヨウ)」という。

  • 前のページ「総論(5)」

症状と漢方薬

(あ行)
アルツハイマー型認知症
アレルギー性鼻炎
胃食道逆流症
胃腸かぜ
胃腸虚弱
胃痛
胃もたれ
意欲の低下
イライラ
イライラ(産後)
インポテンツ
うつ感
円形脱毛症
おしっこの悩み(前立腺肥大)
(か行)
過活動膀胱
肩・首筋のこり
過敏性腸症候群
下部尿路症状
花粉症
関節痛(冷え症)
かんしゃく
乾燥肌
気うつ
気うつ(産後)
気管支炎
機能性ディスペプシア
月経周期の乱れ
月経痛(冷え症)
月経痛(冷えのぼせ症)
月経不順(周期の長短)
月経不順(血の道症)
月経前症候群(PMS)
げっぷ
下痢
下痢(ゲンノショウコ)
高血圧
高血糖
好酸球性副鼻腔炎
口内炎
後鼻漏
かぜ(風邪)
呼吸困難(COPD)
こじれた咳(感冒)
子どもがほしい
(さ行)
産後の回復不全
残尿感(前立腺肥大)
しもやけ
CFS(慢性疲労症候群)
COPD
女性不妊
暑気あたり
尋常性ざ瘡
頭重感
頭痛
ストレス胃
生理痛(冷え症)
生理痛(冷えのぼせ症)
生理不順(血の道症)
精力低下(男性)
せき(咳)
咳(こじれた感冒)
喘息
喘息(発作)
喘息(寛解)
前立腺肥大
GERD
(た行)
たん(痰)
男性更年期障害
男性不妊
蓄膿症
血の道症
手足口病
手足のしびれ(糖尿病)
動悸
凍瘡
糖尿病
(な行)
内臓脂肪症候群(糖尿病)
ながびく咳(感冒)
夏かぜ
夏バテ
2型糖尿病
にきび
尿意切迫
尿失禁
尿路結石
尿路不定愁訴
妊娠力をつけたい
認知症
脳血管性認知症
熱中症
のぼせ感
(は行)
肺気腫(COPD)
排尿困難(前立腺肥大)
排尿痛
鼻アレルギー
鼻かぜ
鼻づまり
鼻水
冷え症
冷えのぼせ症
鼻炎
肥満
肥満(糖尿病)
疲労
疲労感
疲労感(胃腸虚弱)
疲労感(栄養不足)
疲労感(産後)
疲労感(ストレス)
疲労感(寝不足)
疲労感(冷え)
頻尿
PMS(月経前症候群)
不安定膀胱
プール熱
腹痛
副鼻腔炎
婦人更年期障害
不眠
不眠(産後)
ヘルパンギーナ
便通異常
便秘
膀胱結石
(ま行)
マタニティー・ブルー
慢性胃炎
慢性気管支炎(COPD)
慢性の咳(COPD)
慢性閉塞性肺疾患
無月経
胸やけ
メタボリック・シンドローム(糖尿病)
めまい
(や行)
夜間頻尿(前立腺肥大)
抑うつ感
(ら行)
冷房下痢

漢方薬名の意味


TOP