漢方を知る

きぐすり.com は、漢方薬、女性の健康、サプリメント、ハーブの情報を専門家がやさしく解説しています。

病気の悩みを漢方で

症状と漢方薬

かんしゃくの漢方

(1)いらだち
(2)いらだちと抑うつ感

1.かんしゃく(いらだち、怒り)の病理

 かんしゃく、いらだち、怒り、神経の高ぶりはストレスや心労が原因になります。その病態は漢方医学の気逆(キギャク)と気滞(キタイ)に相当し、さらにオ血(オケツ)も絡むので症状が多様になります(図1)。

 なお、かんしゃく(いらだち、怒り)と抑うつ感は併発します。今回から2回にわけて1)いらだち、2)いらだち・抑うつ感、に用いられる生薬と漢方方剤を解説します。

2.黄連(オウレン)を含む方剤・・・いらだち、怒り、焦り、のぼせ

 かんしゃく、いらだちとのぼせを伴う熱証(ネツショウ)の気逆(キギャク)には黄連(オウレン)を含む方剤が適します(図2)。

 黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)と三黄瀉心湯(サンオウシャシントウ)は、共に高血圧傾向の人のいらだち、焦燥感、興奮、のぼせ、顔面紅潮、頭痛に使用されます。
 便秘傾向であれば大黄(ダイオウ)を含む三黄瀉心湯が適します。

 この2方剤についてはイライラ(1.黄連と柴胡)も参照してください。

3.活血薬を含む方剤・・・いらだち、冷えのぼせ、頭痛、暗紫色の歯肉

 図1に示したように、かんしゃく、いらだちの病理の気逆気滞は、(ケツ)の循環不全(オ血 オケツ)を誘発します。
 オ血によるいらだちや冷えのぼせ、頭痛には、大黄(ダイオウ)や桃仁(トウニン)や牡丹皮(ボタンピ)などの活血薬(カッケツヤク)の適応になります(図3)。

 桃核承気湯(トウカクジョウキトウ)と桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)は、ともにいらだち、のぼせ(足冷え)、頭痛に用いられます。便秘傾向であれば、大黄を含む桃核承気湯が適します。

 オ血(オケツ)の病態は、月経異常や暗紫色の歯肉、下肢の静脈瘤などから判断されます。この点が桃核承気湯桂枝茯苓丸と前項の黄連を含む方剤との使い分けの指針になります。

4.柴胡(サイコ)を含む方剤(1)・・・大柴胡湯(ダイサイコトウ)

 大柴胡湯(ダイサイコトウ)は、便秘、腹部膨満感、いらだちに用いられます。
 図4のように肥満傾向で、高血圧に伴ういらだち、気うつ、頭痛、のぼせ、肩こり、のある人に適します。

 本方のいらだち軽減効果には、柴胡(サイコ)と芍薬(シャクヤク)と枳実(キジツ)が寄与しています。さらに大黄を含むのでオ血(オケツ)の絡んだいらだちやのぼせにも適します。

 本方に関しては、高血圧(2.頭痛のぼせ1)や 糖尿病の漢方(2.病期に応じた治療1)を参照してください。

5.柴胡(サイコ)を含む方剤(2)・・・抑肝散(ヨクカンサン)

 抑肝散(ヨクカンサン)は、もともと乳幼児の夜泣き、ひきつけ、かんしゃくなど疳の虫(カンノムシ)に用いられていました。

 この神経の高ぶり状態を婦人更年期障害のいらだちや興奮状態にも活用するようになりました。最近では、医療用の抑肝散製剤が認知症に伴う「行動・心理症状(BPSD)」の怒り、いらだち、暴言などの興奮状態を軽減することで注目されています。
 認知症の漢方(3.アルツハイマー型認知症)を参照してください。

 本方は、柴胡(サイコ)と釣藤鈎(チョウトウコウ)を含む方剤です(図5)。

 図5に示した釣藤散(チョウトウサン)は、おもに頭痛を目標に用いられますが、高血圧傾向に伴うのぼせ、耳鳴り、目の充血や神経症に用いられます。かんしゃく・頑固・気むずかしい傾向の中高年に用いられることが多いようです。
 認知症の漢方(2.脳血管性認知症)も参照してください。

~ちょっと一言:かんしゃく(いらだち、怒り)予防と養生

 かんしゃく(いらだち、怒り)は、心理的原因によって発現します。漢方製剤はこれらの症状を軽減して日常生活に戻るための補助手段です。

 治療には薬だけでなく、ゆったりと落ち着いて過ごす気持ちの持ちようが大切です。いらだった時には、深呼吸してから発言しましょう。

 かんしゃくは、自分にも他人にも厳しく、完璧主義でまじめな人に起こりやすいようです。自分の気質を理解することも予防には大切です。

(2018年2月2日公開)

あなたの街の漢方相談薬局・薬店へ

症状と漢方薬

(あ行)
アルツハイマー型認知症
アレルギー性鼻炎
胃食道逆流症
胃腸かぜ
胃腸虚弱
胃痛
胃もたれ
意欲の低下
イライラ
イライラ(産後)
インポテンツ
うつ感
おしっこの悩み(前立腺肥大)
(か行)
過活動膀胱
肩・首筋のこり
過敏性腸症候群
下部尿路症状
花粉症
関節痛(冷え症)
かんしゃく
乾燥肌
気うつ
気うつ(産後)
気管支炎
機能性ディスペプシア
月経周期の乱れ
月経痛(冷え症)
月経痛(冷えのぼせ症)
月経不順(周期の長短)
月経不順(血の道症)
月経前症候群(PMS)
げっぷ
下痢
下痢(ゲンノショウコ)
高血圧
高血糖
好酸球性副鼻腔炎
口内炎
後鼻漏
かぜ(風邪)
呼吸困難(COPD)
こじれた咳(感冒)
子どもがほしい
(さ行)
産後の回復不全
残尿感(前立腺肥大)
しもやけ
CFS(慢性疲労症候群)
COPD
女性不妊
暑気あたり
尋常性ざ瘡
頭重感
頭痛
ストレス胃
生理痛(冷え症)
生理痛(冷えのぼせ症)
生理不順(血の道症)
精力低下(男性)
せき(咳)
咳(こじれた感冒)
喘息
喘息(発作)
喘息(寛解)
前立腺肥大
GERD
(た行)
たん(痰)
男性不妊
蓄膿症
血の道症
手足口病
手足のしびれ(糖尿病)
動悸
凍瘡
糖尿病
(な行)
内臓脂肪症候群(糖尿病)
ながびく咳(感冒)
夏かぜ
夏バテ
2型糖尿病
にきび
尿意切迫
尿失禁
尿路結石
尿路不定愁訴
妊娠力をつけたい
認知症
脳血管性認知症
熱中症
のぼせ感
(は行)
肺気腫(COPD)
排尿困難(前立腺肥大)
排尿痛
鼻アレルギー
鼻かぜ
鼻づまり
鼻水
冷え症
冷えのぼせ症
鼻炎
肥満
肥満(糖尿病)
疲労
疲労感
疲労感(胃腸虚弱)
疲労感(栄養不足)
疲労感(産後)
疲労感(ストレス)
疲労感(寝不足)
疲労感(冷え)
頻尿
PMS(月経前症候群)
不安定膀胱
プール熱
腹痛
副鼻腔炎
婦人更年期障害
不眠
不眠(産後)
ヘルパンギーナ
便通異常
便秘
膀胱結石
(ま行)
マタニティー・ブルー
慢性胃炎
慢性気管支炎(COPD)
慢性の咳(COPD)
慢性閉塞性肺疾患
無月経
胸やけ
メタボリック・シンドローム(糖尿病)
めまい
(や行)
夜間頻尿(前立腺肥大)
抑うつ感
(ら行)
冷房下痢

漢方薬名の意味


TOP